スポンサーリンク

着信拒否でもSMSは届くのか?〜電話の拒否とショートメールの拒否は違う?〜

スポンサーリンク



携帯電話の着信拒否の方法によって、電話の拒否の設定とSMS(電話番号でメッセージのやりとり)の拒否設定は別々になったり、一緒になったりします。

今回はそんな違いについて、確認してみました。



iPhone本体で着信拒否設定をした場合



iPhone本体で着信拒否をした場合ですが、電話の着信拒否、SMSの着信拒否は同時に設定されます。なので、着信拒否をした相手の電話の着信、及びSMSは履歴に残りません携帯キャリアからのお知らせだけ来るようになります。

Android本体で着信拒否設定をした場合



Android本体で着信拒否をした場合ですが、特に設定で選ぶ欄が無ければ、電話の着信拒否、SMSの着信拒否は同時に設定されます。※機種によってはSMSと通話の着信拒否を選べるものがあります。

ブラックリストの設定をすることで、着信拒否をした相手の電話の着信、及びSMSは履歴に残りません。設定のブロックから拒否したSMS(メッセージ)と拒否した着信履歴は確認できるようになっています。通常の通知は一切ありません。

スポンサーリンク


Docomoのキャリアで着信拒否設定をした場合

Docomoキャリアで着信拒否をした場合は通話の着信拒否迷惑電話ストップサービス[無料])とSMSの拒否SMS拒否設定)は別々に設定する必要があります

キャリアで拒否するメリットとしては、本体に履歴が一切残らないので、煩わしさがなくなります。

auのキャリアで着信拒否設定をした場合

auのキャリアで着信拒否設定をするには月額100円で追加できる、迷惑電話撃退サービスへのオプション加入が必要です。

SMSの拒否は(迷惑SMS(Cメール)防止の設定)着信拒否設定とは別で必要になります。

Softbankのキャリアで着信拒否設定をした場合

Softbankのキャリアで着信拒否設定をするには月額100円で追加できる、ナンバーブロックへのオプション加入が必要です。

SMSの拒否は通話の着信拒否とは別にSMSの拒否設定が必要です。

まとめ

  • 各キャリアで通話の着信拒否をする場合はSMSの拒否設定も別途必要となる。
  • iPhone本体で通話もしくはSMSの着信拒否する場合は通話の着信拒否とSMSの着信拒否は同時に設定される。
  • Android本体で着信拒否をする場合、機種によって異なるが、基本的には通話拒否とSMSの拒否は同時設定となる。選択項目がある場合は通話かSMSかのどちらかだけ拒否することも可能

スポンサーリンク

フォローする