iOS

iPhoneをシェイクして(振る)入力を取り消し、シェイクせず(振らない)に入力を取り消しする方法

iPhoneを使っていて、間違えて今まで打っていた文章を全部消してしまった!!

なんて、経験したことはありませんか?

そんな時に役立つのが、iPhoneの入力取り消しです。

iPhoneをシェイク(振って)して取り消す方法もありますし、シェイク(振らずに)せずに取り消す方法もあります。

自分はよくiPhoneをブンブンと振ってますが(汗

今回はそんなiPhoneの取り消しのやり方です。

シェイクして取り消す

実戦でやるのが一番です。メモに何か文字を入力して、iPhoneを振ってみましょう



振ると取り消しがでてくるので、取り消すをタッチするだけです。


シェイクせずに取り消す

シェイクせずに取り消すには日本語のフリック入力キーボードをONにしておきます。

キーボードの設定なんて触ったことない!!っと言う人はフリック入力になってます!
早速、振らずに取り消しのやり方です。
キーボードを日本語フリック入力へ、地球マークをタッチして変更します。



フリック入力に変わったら、画面を横向きに持ちます。



取り消しボタンが現れるので、タッチすると、振らずに取り消しできます。



ちなみに、Bluetoothキーボードを利用すれば、commandZで取り消すこともできます。

【iPad】 Bluetoothキーボードをより便利に使いこなす、キーボードの操作方法Bluetoothキーボードを使うことでiPadを今まで以上に使いこなすことができる、キーボードの操作方法です。 ちょっと覚えてお...

シェイク機能がウザい時は

ちょっと振っただけでも、取り消しが毎回出てきて、ウザい!!という人はシェイク機能をストップすることができます。

まずはiPhoneの設定を開きます

一般をタッチします



次にアクセシビリティをタッチします



シェイクで取り消しをタッチします



スイッチ部分をタッチして、チェックを外せば完了です!


まとめ

  • 取り消し機能で、『やっちまった!!』っと文章が消えて嘆くことが無くなる
  • iPhoneの取り消し機能はとっても便利!!
  • 人目が気になる時は振らずに取り消しすることも可能
  • Bluetoothキーボードも便利なので、よく文章を打つ人は検討してもいいと思う。
 

ABOUT ME
マサ
マサ
自分がやりたいことはやりたいだけ全部やる!!っと意気込んでる、ちょっと変わった人( ^ω^ ) 今日もどこかで笑いながら生きています♪
関連記事