スポンサーリンク

【iPhone】youtubeに動画をアップロードする方法!撮った動画を共有するのに最適!

YouTubeに動画をアップロードすると、手軽に動画を共有する事ができます。

ユーチューバーなどで、盛り上がっているyoutubeですが、初心者でも簡単に動画をアップロードする事ができます。

スマホだけでも簡単にアップロードする事ができるので、とてもスムーズです。

また、公開条件なども、一般公開なのか、限定公開なのか、なども決められるので、GOOD!!

ユーザー登録もGoogleのアカウントがあればすぐに利用ができるため、Googleのアカウントを持っている人はすぐにアップロードできます。

Googleのアカウントを持っていない人はこちら

それでは早速iPhoneでのアップロード方法です。

スポンサーリンク

動画を選択する

デフォルトの写真アプリをタッチして開きます。



撮影した動画をタッチして、youtubeへアップロードする動画を選択します。



補足:Youtube15分までの動画をアップロードすることができます

動画の長さの上限を引き上げる方法は>こちら<


シェアボタンからアップロードする

左下の赤枠のアイコンをタッチします。



横にスワイプして、YouTubeのアイコンを見つけたらタッチします。



スポンサーリンク

Googleへログインする

googleアカウントでログインの画面が表示されたら、自分のGmailのメールアドレスを入力し、次へをタッチします。Googleのアカウントを持っていない人はこちら



Gmailのパスワードを入力したらログインをタッチします。



リクエスト画面が出たら、許可をタッチします。


動画のタイトルや画質を調整しアップロード

タイトル、説明(任意)を入力し、画質も選びます。

画質が重要な場合はHDをタッチします。

公開の範囲もタッチして選択し、公開をタッチしてアップロード完了です。


・公開:誰でも検索と再生が可能

・限定公開:リンクを知っている人のみ再生可能

・非公開:限定のYouTubeユーザーのみ再生が可能

YouTubeに表示をタッチすると、アップロードした動画を確認する事ができます。

スポンサーリンク

フォローする