スポンサーリンク

DJ始めたての初心者が知っておきたい曲の構成とCUEポイントの付け方、繋ぐ流れ



機材を揃えて、さぁ、DJを始めるぞ!!っという初心者に一番大事なのが、曲の構成を知ることです。そして、CUEポイントをつけることです。

この曲の構成を知るという基礎知識があって練習するのと、ただ感覚で練習するのでは効率が全然違います。自分はどちらかというと後者で、最初になかなか苦労したので、これから始める人がサクサク上達するように本当に大事な基礎だけお伝えします



大体の曲は8,8,8,8の構成

8,8,8,8ってなんだそれ!?っと思われたと思います。

この8,8,8,8というのは曲のリズムのカウント数です。

曲のリズムを8カウントずつ区切ると曲の構成がよくわかります。

意識して聞いたらわかると思いますが大体の曲が8カウントで構成されていることに気づくと思います。

PCDJであれば、パソコン上に波形が出てくるので、イントロや歌い出しまで何カウントあるかよく聞いてみてください大体の曲はイントロ16or32カウントで歌い出しといった流れになっていると思います。



同じくメインメロディも同じような構成になっているので、次の曲を歌い出しから入れるにはどの部分にCUEポイントをつけて、どのタイミングで次の曲をスタートすれば良いかは計算して出すことができます。

このカウントを意識することで、繋ぎはスムーズになります。

スポンサーリンク

CUEポイントの付け方

最初におすすめしているのは歌い出しまでの16カウントごとにCUEポイントをつける方法です。

CUEポイントはどのタイミングでつけても良いのですが、初心者は16カウントごとにCUEポイントをつけておくことで、慌てず、落ち着いてフェーダーや各つまみを触る時間が確保できます

また、通常のプレイでは全く必要ないですが、初心者の場合はメインメロディーにもCUEポイントをつけておくことをおすすめします。

メインメロディーにもCUEをつけておくことで、曲の構成を理解しやすいのと、どのタイミングで次の曲のCUEをスタートさせたら、メインメロディーの終わりと、次の曲の歌い出しが綺麗に繋がるかの目安にしやすいからです。

もちろん慣れてきたら、メインメロディーのCUEは通常使うことないので、消してしまっても問題ありません。あくまで慣れるまでの間はあると上達も早いのではないかと思います。

曲を繋ぐ流れ

まずは次に流す曲を選びます



今流れている曲のテンポと次の曲のテンポをテンポのフェーダーで合わせます



歌い出しと、CUEポイントの確認



横フェーダーか縦フェーダーを使って曲を入れ替える

以上が流れです。やっていることはいたってシンプルですが、最初はこのタイミングが難しいと感じると思います。ただ、やっていればスグに慣れるので、慣れてきたら、勝手に体が動いていくと思います。

まとめ

  • 一番大事なのは曲の構成を知ること
  • CUEポイントは16カウントごとがおすすめ
  • 曲を聞くときはとにかく8カウントずつカウントを数えてみる。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする