スポンサーリンク

【YouTube】アップロードができない時の対処法!動画の長さが15分以上のものをアップロードする方法

YouTubeを使い始めて最初にぶつかるのが、15分です。

ユーチューブは登録がとても簡単で手軽ですが、15分以上の長い動画をアップロードする場合、確認作業が必要になります。

確認作業自体も簡単なので、YouTubeに登録した後はすぐにしておく事をおすすめします。

15分以上の動画を再生するための確認作業手順です。

スポンサーリンク

YouTubeへログインする

まずはYouTubeにPCもしくはスマホでもPC用でアクセスします。

ログインをクリックし、ログインします。



複数アカウントがある場合は対象のアカウントをクリックします。



パスワードを入力して、ログインをクリックします。



スポンサーリンク

アップロードの制限を解除する

ログインが完了したらアップロードのアイコンをクリックします。



上限を引き上げるをクリックします



SMSで受け取るにチェックします。(電話番号のショートメールに確認コードが送られてきます。)

自分の携帯電話番号を入力し、送信をクリックします。



確認コードはこんな感じで送られてきます。



6桁の番号を入力し、送信をクリックします。



YouTubeアカウントが確認されました。と表示されれば完了です。

次へをクリックして、アップロードしてみましょう♪


まとめ

YouTubeの登録が終わったら、まず、上限の引き上げも一緒に行うと良い。

電話番号の入力はロボットではなく、人が扱っているか確認するために必要。

上限の引き上げを行うと、動画当たり、約200GB or 11時間の動画がアップロードできるようになる。

スポンサーリンク

フォローする