スポンサーリンク

【iPhone】バッテリーの持ちが悪い時に確認したら良いこと~バッテリーを長持ちさせる方法~


iPhoneを買ったばかりなのにバッテリーの持ちがなんか悪い。急にバッテリーの減りが早くなった。など、バッテリーが長持ちしないととても困りますよね。バッテリー交換を検討する前に次の方法を試してみてください♪

関連:【DIY】iPhone5のバッテリー交換方法 ~意外と簡単な自分でやれるiPhoneのバッテリー交換~

スポンサーリンク

 checkまずは何にバッテリーが使われてるかチェック

iPhoneの設定をタッチします

setting

設定画面が開いたら、バッテリーをタッチします

battery

何に一番バッテリーが使われているかわかります。もし、これが心当たりのないものだったら、何かしら原因があります。心当たりのないものはメモしておきましょう。

時計のマークをタッチすると、どのくらいの時間使っていたかも分かります。

battery

スポンサーリンク

checkGPS(位置情報)の利用をチェックする

大抵の場合このGPSの位置情報が原因でバッテリーのヘリが早い場合が多いです。

まずは、iPhoneの設定をタッチして設定を開きます

gps

プライバシーをタッチします。

battery

この三角のマークが付いているのは要注意!!
もし、薄紫色になっていたら、GPSが使われて居る状態なので、バッテリーの減りが早くなります。

三角のマークが付いているものをタッチして、このAPPの使用中のみ許可をタッチします。

この設定にしておけば、バックグラウンドでGPSが自動的に動くことはないので、バッテリーが長持ちするようになります。

battery

是非お試しください

スポンサーリンク

フォローする