スポンサーリンク

NHK大河ドラマ『西郷どん』にちなんだお酒(ウィスキー、SAIGO DON)がマルスウィスキーより登場



マルスウィスキーの『西郷どん』が4月18日発売されました。

この西郷どんは西郷隆盛をイメージして作られました

明治維新150周年を記念した限定酒らしいです。

この西郷どんはマルスウィスキー発祥の地歴、鹿児島のマルス津貫蒸溜所にて作られています。日本最南端のウィスキー蒸留所です。



SAIGO DON(ウィスキー)

原材料はモルト、グレーンのブレンデッドウィスキーです。

『西郷どん』は明治維新の英雄、西郷隆盛をイメージして、マルス津貫蒸留所のブレンダーがアレンジしています。

度量の大きさを思わせる、柔らかい味わいとモルト由来の力強さ(クセ)を感じるウィスキーに仕上がっています。

西郷どんを買うには・・・



武蔵屋では発売前からすでに完売(゚o゚;;

どれだけ人気なんでしょうか?

Amazonでも4/20から購入できるようです。

ただ、一瞬で完売は予想されそうですね。

ちなみに今回は酒商菅原にて、撮影させていただきました!

酒商菅原では限定6本だそうです!

大河ドラマが終わるまではプレミアがつきそうな予感ですね♫

お近くの酒屋に訪ねてみたら、意外と残っているかもしれませんよ!?

スポンサーリンク

マルスウィスキーの歴史

戦後間もない、1949年にマルスウィスキーは誕生しました。1980年代の土ウィスキーの火つけ役とも言われています。

マルスウイスキーは地ウイスキーの中でも西の雄といわれています。

鹿児島でスタートし、最高のウイスキーを造るための理想の地を求めて、1960年からの山梨に拠点を移動、1985年には長野に拠点を移動し、長野県駒ヶ岳山麓のマルス信州蒸溜所となり、今のマルスウィスキーとなりました。

スコッチウイスキーを手本としたジャパニーズウイスキーは、今では世界5大ウイスキーの1つに数えられるほどになっています。

本坊酒造株式会社HPより

そんな歴史のある、マルスウィスキーを是非ご堪能ください♫

ハイボールでおすすめのマルスウィスキー



3&7の購入はこちら

ハイボールで飲むのであれば、3&7というウィスキーがおすすめです。

ホワイトオークの樽香を感じるウィスキーです。

標高798m日本最高峰に位置するマルス信州蒸溜所でつくられています。

駒ヶ岳の豊かな水厳しい自然環境がウイスキー原酒を育みました。

ブレンデットウイスキーの味を守るのはブレンダーです。ブレンダーは個性豊かな様々な原酒をブレンドし『3&7』の味を生み出します。

ホワイトオークの樽香のきいた、ウッディな香り味わいが特徴です。

本坊酒造株式会社HPより

3&7のウィスキーを使った、美味しいハイボールの作り方はこちら



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする