スポンサーリンク

Amazonのレビューがひどいのには理由がある〜レビュービジネスの裏側〜


購入者のレビュー見て、購入するかを判断するのは一般的になってきましたね!

昔に比べれば、レビューの制度も上がってきて、とても信用がおけるものになってきています。

ただ、未だにレビューは売買され、粗悪品ではないにしても、商品の実力以上の評価がついているものもあります

いくら返品ができるようになったからと言っても、そんな品物は購入したく無いですよね。

今回はそんな、怪しいレビューを見極めて、賢い買い物ができるように、参考になればと思います



怪しいレビューは中華製品がほぼ


中華製品はAmazonでよく販売されています。

通常のメーカー品よりも、コスパ(性能が同等で値段が安い)が良いので、自分もこだわっていないものの場合よく購入します。

しかし、一番レビュー売買が多いのはこの中華製品です。

レビューを書けばPayPalで全額返金などといったビジネスが存在しています。

そんな、作られたレビューを見極めることができれば、購入後にがっかりというのが減りますね。

スポンサーリンク

粗悪中華製品をつかまさられないようにするコツ


レビューが極端に割れている製品は非常に怪しいです。

5のレビューと★1や★2と極端に割れているものです。



★3や★4がなく、★2だけついていますね。こういったものは、粗悪品であることが多いです。

今回は試しに、購入してみましたが、星2つのレビューそのままのモノたちでした。



続いて、気をつけたいのが、レビューの数が極端に少ないものです。

この場合もレビューが売買されて、高評価をつけている場合が多いです。

気をつけましょう。

レビュー売買のビジネスはこんな風になっている



FaceBookの非公開グループや、WeeChatをつかって、レビューを書く人を募集しています。

そのグループに入ると、商品の写真が貼られており、欲しいものを事前に申告して、Amazonから購入。

購入後、レビューを書き、コンタクトをとっていた人に完了したことを告げると、PayPalなどに返金される仕組みです。

こうやって、全額返金で手に入れた商品をヤフーオークションやメルカリ、ラクマなどで販売して、利益を得るという様になっているそうです。(実際にレビューをしている人より)

Amazon側も取り締まりを行っていて、レビューを掲載できない様にすることもしているようですが、いたちごっこの様です。

メーカー製品は安心

ノーブランドの製品ではなく、メーカー製品はレビューを募集するようなことはしていないので、安心してレビューを信じて良さそうです。

確かに、そんなに変なレビューは見たことがない気がします。

まとめ

Amazonのレビューで気をつけるのは中華製品を主とする、海外製品

特にレビューが割れているものには注意が必要。一般的に相当嫌な想いをしない限りbadなレビューはしないと思います。

レビュー売買が存在する製品でも、良質なコスパナイスな製品は存在する。

メーカー品以外はじっくり吟味して、購入することをおすすめします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする