スポンサーリンク

100日待たずにSIMロックを解除する方法(docomo,au,Softbank)



MVNOのおかげで、SIMロック解除、とても主流になってきましたね。

そんなSIMロック解除ですが、スマホ本体を購入して、101日目以降でSIMロックが解除できるのはご存知の人が多いと思います。

そんな中、100日以内でもSIMロックが解除できる条件がありました。

今回はDocomo、au、Softbankを例に条件をまとめてみました。



100日以内にSIMロックを解除する方法

一括で機種を購入する。

もしくは割賦残債を支払い終えてしまう。

同じ回線でSIMロック解除実績があり、前回のSIMロック解除から101日が経過している。

上記条件で、購入した端末が100日以内でSIMロックを解除することができます。

これは、docomo,au,Softbankでも同様です。(若干条件が異なるようです)

しっかり注意書きにも各社記載があります。

Docomo(DocomoHPより



au(auHPより



Softbank(SoftbankHPより



しっかり注意書きに書かれているなんて、全然知りませんでした。(゚o゚

SIMロック解除はこちらを参照

今では普通になったSIMロック解除ですが、ロックを解除する時に自分のAndroidスマホの製造番号(IMEI)が必要になります。最初...

スポンサーリンク

一括0円機種は買い時

機種代が0円なので、月々は通信量だけとなります。なので、月々料金がとても安く利用することができるのが特徴です。

詳細はこちらを参照ください。

スマホを持っている人は携帯を持っている人の約8割となってきました。 その中でも、携帯代の高い人、携帯代の安い人に分かれます。 ...

また、一括0円の機種で契約できて、キャッシュバックが発生する場合があります。

そんな時は契約しても損することはないでしょう。

キャッシュバックで、事務手数料と解約金、解約するまでの月々料金が出れば、SIMロックを解除して、新品で売ることも可能です。(SIMロックを解除していないと売却値が安くなる)

解約する時は半年以上利用後に!

転売防止のために、即解約を繰り返すと、携帯を契約する上で審査に通らなくなってしまいます。

携帯契約の信用に傷がつくということです。

基本的に半年以上携帯を契約していれば、傷はつかないというのが一般的なようです。

なので、もしも、乗り換え(MNP)や新規契約で解約する場合は半年間は我慢しましょう。

まとめ

SIMロックを100日以下で解約するには機種代金を全額支払いしているか、もしくは同じ回線(同番号、同キャリア)で一度SIMロック解除をしていて、解除日から101日以上経過している場合はSIMロック解除が可能。

携帯の早期解約は信用に傷をつけ、携帯が契約できなくなるケースがある。

コスパよくスマホを持ちたいたら、スマホ代一括0円の端末を持つこと。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする