ライフハック

ウールにシミがついてしまったら〜染み抜きのポイント〜

衣類にシミがついてしまったら、なんだか悲しい気持ちになりますよね。

今回はウール生地の洋服にシミがついてしまった時の対処方です。

ウールにシミがついてしまった時の染み拭きポイント

いろんなシミパターンに分けて、応急処置を説明していきます。

ちなみにここに出てくる洗剤液は中性洗剤を利用するようにしてください。

コーヒー、紅茶

コーヒーや紅茶がこぼれてしまったら、大急ぎで水で硬く絞ったタオルで拭きます

ミルクが入っている場合には、薄い洗剤液を使用します。

乾いてしまった、古くなったシミはレモン片か酢で拭くと効果的です。

牛乳・乳製品

牛乳系の乳製品をこぼしてしまったら、まず、お湯を含ませた布で軽く拭きます。

その後、残った脂肪分を洗剤液で拭きます。

それでもシミが残るようなら、アルコールで試してみるか、ドライクリーニングに出しましょう

マサ
マサ
クリーニングが無難だろうな。

アイスクリーム

アイスクリームがこぼれてしまったら、乾燥後に爪ブラシか歯ブラシでこすらずに突くように跳ね除けます

マサ
マサ
夏とか結構こぼれたりするよな。
マサ
マサ
でも、あんまりウール生地を夏にきてないよな。

その後、洗剤液を着けたブラシで叩きます

最後に水で絞ったタオルで拭きます

果実汁

果物などを食べてた時についたりしますよね。

マサ
マサ
皮ついてる系とかよく飛ぶよな。

付着して間もない場合には、水またはぬるま湯を含ませた布で拭きます

しみになったときは、牛乳などと同じように、洗剤液を使って拭き取ります

酒、ウィスキー・香水

これって大人になるとよくあるやつですね。

酒、ウィスキー、香水をこぼしてしまったら、こぼした上にを乗せ、それを柔らかなブラシではきとります

その後、スポンジに水や洗剤液、アルコールを含ませて拭きます

カビ、泥ハネ

雨の日にありがちなやつですね。

カビ、泥ハネのシミがついてしまったら、乾かしてから、ブラシで払います

場合によって掃除機の隙間用ノズルで取りのぞいていきます。

その後は洗剤液やアルコールで完全に取り除いていきます

全部に共通するポイント
  • むりに擦ったり、強く揉んだりは絶対NG!毛羽立ちの原因になります。
  • ひどいシミの場合には、処置前にクリーニング店へ相談するのが良いでしょう。

ウール生地の洋服を着る時のポイント

Point1-1日着たら、1日休ませる

ウールは呼吸する繊維なので、湿気を吸ったり吐いたりしています。

1日着たあとは、ハンガーにかけて、吸いとった湿気を発散させてあげることが大事です。

Point2-ブラシはマメにかけてあげる

ふだんのちょっとした汚れやホコリは放っておかないことが大事です。

ホコリなどがついたままプレスすると、シャキっと仕上がらず、布地を痛める原因にもなります

Point3-ポケットの物は帰宅後すぐに出すこと

ポケットに物を入れっぱなしにするのはNGです。

服の方が崩れやすくなってしまいます。

外出から帰ったらすぐにポケットの物を出す習慣を身に着けることが大事です。

まとめ

  • コーヒーや紅茶がこぼれたら、とりあえず水を硬く絞った布で拭くこと
  • 乳製品がこぼれたら、お湯を含ませた布で拭くこと
  • アイスクリームは乾燥後に歯ブラシでおとす
  • 果実汁はぬるま湯を含ませた布で拭くこと
  • アルコールがこぼれたら、塩をのせて、柔らかなブラシはきおとす
  • カビ、泥ハネは乾いてからブラシで払い落とす
  • ウールは1日着たら1日休ませる
  • ブラシはまめにかけてあげる
  • ポケットに物を入れっぱなしにしない
ABOUT ME
マサ
マサ
自分がやりたいことはやりたいだけ全部やる!!っと意気込んでる、ちょっと変わった人( ^ω^ ) 今日もどこかで笑いながら生きています♪