スポンサーリンク

普通の風船でミッキーを作る方法〜丸い風船でバルーンアートをしてみた〜

スポンサーリンク



普通の風船(丸い風船)で、ミッキーを作れることを最近知りました。

通常、バルーンアートはペンシルバルーンという細長い風船を使い、作ります。

しかし、今回はなんの特徴もない、ふつーの風船を使って作りました。

コツを忘れないうちに記しておくことにします。意外と子供とギャルに人気のミッキー風船でした。

それでは早速作り方です。


風船を膨らませる

まずは呼気、もしくは空気入れポンプを使って風船を膨らませます。

だいたい、下の写真くらい膨らませます。ちなみに横に置いてあるのはiPadです。



風船が膨らんだら、少しずつ空気を抜きながら、サイズを小さくします。

一度大きく膨らませることで、風船が破れにくくなります。

下の写真くらいのサイズくらいまで縮めます。



風船が縮んだら、風船の空気を入れる部分を結んで空気が漏れないようにします。



スポンサーリンク

形をつくる

風船をツイストして、形を作っていきますが、風船をひねる前に結んだ側を引っ張って伸ばします。



伸びた状態で、小指を薬指を使って、伸ばした部分に空気が戻らないようにします

写真のように掴んだ状態でひねっていきます。もう片方の手で、風船を掴んでツイストします。



ツイストするとこんな感じです。



耳になるもう片方をツイストします。



耳の大きさを同じにして、形を整えたら完成です♪


まとめ

  • ツイストする時に割れそうな感じがするが、意外と風船は割れない。
  • しっかり捻っておかないと、耳の形が崩れやすくなる。
  • 風船プラ棒を使うと、より可愛い感じで仕上がります。


  • だれでも簡単に作れるので、イベントなどで作ると盛り上がること間違いなし!
スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. パパ より:

    説明写真が無いところがありますよ!

  2. パパ より:

    あ!説明写真があります。
    時間がかかるんだね。
    失礼しました。