スポンサーリンク

パンクしないタイヤに交換する時のコツ〜ピストバイクのタイヤを交換してみた〜



あれ?パンクしてる??(涙

外出先で自転車のタイヤがパンクした時の悲しみといったらありません。

最近、それが怖くて、2年使ったタイヤを前輪、後輪共に交換したんですが、交換後なんと2週間で後輪がパンク

『まじかよ。。。』『交換した店員下手くそかよ。。。』

っと思いながら、自分で交換することもできず、再度自転車屋に行って、チューブ交換。(ピストバイク乗りなので、パンクしたらチューブを交換する)

そして、1週間後、またパンク。。。(この時点ですでに17000円くらい工賃込みで使ってる

うぉぉぉぉ!なんやねん!!これっ!!』っとクレーマーになりかけましたが、交換しようと思ったのは自分の責任と思いとどまり、パンクしないタイヤを調べてみました

いろいろな種類のパンクしないタイヤがありましたが、チューブを後から入れるタイプは自分には無理だと思い、今回は一体型になっている、パンクしないタイヤを購入してみました。

購入したのはいいですが、自転車のタイヤの交換なんてしたことありませんから、ネットでいろいろ調べて、工具も購入してみました。

今回はそんな素人が、ノーパンクタイヤを交換する時のコツを書き記しておきます。



購入したパンクしないタイヤと工具

今回、購入したのはライダーズカフェにて販売されているノーパンクタイヤです。

タイヤ自体は4,500円でした。

楽天で見てみるライダーズカフェノーパンクタイヤ
工具はこんな感じのを用意しました。

Amazonで見てみる工具セット
タイヤレバー(タイヤを外す工具)も用意しました。

Amazonで見てみるタイヤレバー

ノーパンクタイヤを取り付けるコツ

それでは早速交換の仕方です!

今回はこんな感じでパンクしていました。

ペッチャンコ。。。



まずは車輪を取り外します。ナットをぐるぐると外しましょう。



おそらく17mmのレンチで大丈夫だと思います。



スポンサーリンク


ホイールの溝を確認します。



このホイールの溝にタイヤの溝を片方引っ掛けます。



タイヤの片方の溝をホイールの溝に引っ掛けたら、もう片方のはみ出ているタイヤの溝をマイナスドライバーで押し込みます

結構力が必要です。変形しそうで、大丈夫かな?っと思いますが大丈夫です。



思いっきり押し込みましょう



5mmずつくらいですが進んで行くとこんな感じになります。



ちょっとずつホイールにタイヤがハマっていきます。

この辺くらいまでハマるとコツが必要です。



タイヤレバーで、タイヤとホイールをテコで持ち上げて、こんな感じにして、同じようにタイヤをホイールにマイナスドライバーで押し込んでいきます。



タイヤとホイールが全て密着したら、ホイールを自転車本体に取り付けて、完成です。

今回自分が交換をした時は前輪のみで約1時間ほどかかりました。

このタイヤ交換は時間がある時に行うように気をつけてくださいね!

ノーパンクタイヤの乗り心地

正直、空気が入ったタイヤよりも、振動が直で伝わってくるので、最初は違和感を感じます

スピードが遅くなる、漕ぐのが重くなるなどの口コミがありますが、意外と気にせず自分は乗ることができています

一番良いのは、パンクしないという安心感パンクした時のストレスがないと思ったら、街乗りしかしない人にはとてもオススメなタイヤです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする