スポンサーリンク

【Mac・iPhone・iPad】AirDropの自分のアイコン(写真)を変更する方法



AirDropで表示される、自分のアイコン。

自分の情報からアイコンを編集することができます。



アイコンは変更しているとAirDropで交換する際などは誰の端末なのかわかりやすくなり、便利ですよ♪

それでは早速変更方法です。

スポンサーリンク


iPhone

電話のアプリを開きます。



連絡先のタブをタッチします。



一番上にスライドすると自分の情報が出てきます。赤枠の自分の情報をタッチします。



編集をタッチします。



アイコンの下の編集をタッチします。



写真を選択をタッチします。



画像を選んだら、ピンチイン、ピンチアウト、スライドさせて、アイコン表示したい部分を選択します。表示したい部分が定まったら右下の選択をタッチします。



アイコンが変わったの確認したら完了をタッチして完了です。



スポンサーリンク


iPad

連絡先のAPPをタッチして開きます



連絡先を一番上までスライドさせて、自分のカードをタッチして、編集をタッチします。



アイコンの下の編集をタッチして、写真を選択をタッチします。



アイコンにしたい写真をタッチします。



iPhoneの時同様ピンチアウト、ピンチイン、スライドでアイコンの状態を編集したら、右上の使用をタッチしします。



アイコンが変わっているのを確認し、完了をタッチします。


MAC

まずは連絡先をクリックして開きます。



iCloudを設定していれば、全てのデバイスで自分の連絡先のアイコンが変わりますが、Facebookなどを同期していると、アイコンを変更したのにiPhone、iPadのアイコン表示が変わらないことがあります。

プロフィールピクチャーがFacebookになっていると、Facebookで利用しているアイコンが表示されるようになるので、iCloudをクリックすると、表示されるアイコンが全てiPhone,iPad,Macで同じアイコンになります。


ちょっとしたポイント

iPhoneとiPadはAirDropの受信設定のところで、連絡先のみにしていると自分の連絡先に指定した画像が表示され、すべてにしていると、相手が自分の連絡先にしている画像が表示されるようでえす。

Macの場合は全て自分が設定している画像が適用されるようです。

スポンサーリンク

フォローする