スポンサーリンク

WiFiの接続方法(SSIDとKEY)【iPhone】【Mac】【Windows】[初心者向け図解付き]



Wi-Fi(無線の接続)の設定方法って各OSによって若干設定方法が変わってきます。

今回は、iPhone・MacOS・Windows10のWiFiの設定方法です。

スポンサーリンク

iPhone

まずは設定をタッチして開きます。



設定画面が開いたら、Wi-Fi接続をタッチします。



WiFiの設定画面が開きます。

赤枠の部分がSSID(接続したい先の住所のようなもの)です。

接続したいSSIDをタッチします。
補足:青い枠内の南京錠はネットワークに接続するときにKEY(PASSWORD)が必要
   緑の枠内の扇マークは電波の強さを示しています。(携帯電話の電波みたいなもの)


SSIDをタッチしたら、パスワードを入力する画面が出てくるので、KEY(パスワード)を入力して、接続をタッチします。



無線のネットワークに接続されると、WiFi設定の一番上にチェックマークと共に接続中のネットワークがでてきます。


Mac

まずはシステム環境設定をクリックして、設定画面を開きます。

ネットワークをクリックして、ネットワークの設定を開きます。ネットワーク名の横のバーをクリックすると、接続できるWi-FiのSSIDの候補が出てきます。

接続したいSSIDをクリックします。



KEY(パスワード)を入力します。



ネットワーク設定の「状況」が接続済みになっていればOKです!





スポンサーリンク

Windows

スタートボタン(ウインドウズのボタンでもOK)クリックします。

ギアのアイコンをクリックして、設定画面を開きます。



Windowsの設定が開いたら、ネットワークとインターネットをクリックします



利用できるネットワークの表示をクリックします



一覧がでてくるので、接続したいSSIDをクリックします。



自動的に接続にチェックを入れておくと、次回からKEY(PASSWORD)の入力が不要です。接続をクリックします。



KEY(パスワード)を入力し、次へをクリックします。


このネットワーク上の他のPCやデバイスが、このPCを検出できるようにしますか?

この機能はホームネットワークと社内ネットワークでオンにして、パブリックネットワークではオフにすることをオススメします。

今回はホームネットワークなのでオンにしました。

パブリックネットワークというのはカフェなどのWi-Fi接続のことを指します。要するに外で使う時、お店とかだと、オフにしておかないと、知らない誰かに攻撃される可能性があるぞ!ってことです。まぁ、日本ではそんな怖い人はいないと思いますが。



ワイヤレスネットワーク接続の選択したSSIDで、インターネットに接続されていますとなっていれば完了です。


まとめ

  • まずはWi-Fiの設定はSSIDを調べること。
  • ネットワークのKEY(パスワード)を入力する。(KEYは無線ルーターだと、背面か底面のシールに、モバイルルーターだと、初期値はだいたいバッテリーを取り外したところに記載があります。)
  • 接続される。
スポンサーリンク

フォローする