スポンサーリンク

【iphone】youtubeがインストールできない!? App Storeでダウンロードできないアプリがある時の対処法



iPhoneを買って、早速アプリをダウンロードだー!!まずはYoutubeかなーっと、APP Storeからダウンロードしようとすると、

「あれ??ダウンロードできない」

「なんで?」

ダウンロードできるアプリもあれば、できないアプリもある。なんでなんだーっと思ったら、設定を見直してみましょう。



特定のアプリがダウンロードできない理由

全てのアプリではなく、特定のアプリだけダウンロードできない場合は基本的には機能制限が原因です。

まずは機能制限の項目を見直しましょう。

この機能制限ですが、Apple IDを作成した時に、登録者の生年月日が17歳未満だと自動的にオンになってしまうようなので、最初に戸惑う方が多いようです。

子供のために買ったiPhoneが糞iPhoneだー!っとならないように、機能制限を早速見直しましょう。

機能制限が原因だとグレーアウト

こんな感じでグレーアウトしてダウンロードできない場合は機能制限を見直します。



スポンサーリンク

機能制限の設定変更

まずは設定をタッチして、設定画面を開きます。



一般をタッチします。



機能制限をタッチします。



機能制限のパスワードを求められるので入力します。



APPをタッチします。12+はアプリの年齢制限を表しています。



すべてのAppを許可をタッチし、機能制限をタッチして戻ります。



これで全てのアプリがダウンロードできるようになります。

もしくは、機能制限の一番上にある機能制限を解除をタッチすれば、全ての機能制限が外れます



機能制限を解除をタッチするとパスワードを求められるので、入力したら完了です。


App Storeからダウンロードする。

グレーアウトで無くなればダウンロードが可能になります。

ダウンロードのアイコンをタッチしてダウンロードしましょう。


補足

Youtubeがダウンロードできなかった理由

Youtubeは年齢制限が17+と設定されています。なので、17歳未満の人には利用ができなくなっています。

年齢制限の確認はアプリを開いた時に記載があります。



機能制限は子供に規制をかけるのには便利ですが、時に邪魔になることもあるので、子供にはインストールしたアプリしか使えないように、はじめにアプリをインストールしてあげてから、追加でアプリをインストールできない設定にするとよいかもしれませんね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする