スポンサーリンク

キーチェーンのパスワード確認方法【iPhone】〜Safariなどで保存したPassWordを確認する)

スポンサーリンク



iPhoneで入力したIDやパスワードはキーチェーンを有効にしていると、自動的に本体に保存されます。キーチェーンはSafariなどを利用している時に、自動的にIDとPASSWORDを入力してくれる、とても便利なものです。ただ、同じアドレスのサイトでしか、自動入力されないので、ページが少し変わってしまって、IDとPASSWORDを求められると、「あれ?IDとパスワードなんだったかな?」となりがちです。今回はです。


管理画面を開く

APPの設定をタッチしたら、下へスクロールします。



アカウントとパスワードをタッチする。



スポンサーリンク

IDとパスワードを表示する

AppとWebサイトのパスワードをタッチします。



Touch IDを利用している場合は指紋認証です。利用していない場合はiPhoneのロック解除時のパスワードを入力します。



サイト名、アカウントID、ページのURLが表示されています。IDとPASSWORDを表示させたいものをタッチします。見つからない場合は上の検索バーにてアドレスのひとかけられでも入れると検索してくれるので、非常に楽です。



ユーザー名がIDでパスワードがPASSWORDです。Webサイトのアドレスの表示もあります。



パスワードを忘れやすい人はキーチェーンを有効にしておくと良いかもしれませんね♪

キーチェーンを有効にするには

まずは設定画面を開いて、赤枠のところをタッチします。



次にiCloudをタッチします。



下にスクロールして、キーチェーンをタッチします。



iCloudキーチェーンの横のボタンをタッチして緑色にしましょう。

※初回はセキュリティーコードの作成と電話番号の登録が求められます。



セキュリティーコードは登録してもしなくても大丈夫です。登録した場合は設定したiCloudのパスワードをiPhone本体のパスワードとは別に覚えておく必要があります。

電話番号は本人確認のため、SMSの承認をしないといけないので、必ず登録が必要です。自分の電話番号を入力しましょう。後ほどAppleからSMSのメッセージが届きます。

スポンサーリンク

フォローする