MAC

macの英字キーボードで『¥』を入力するには?

macの英字キーボードで最初に引っかかる問題点は『かなと英数の切替』ですが、その次にあれ?って思うのが『¥』マークの入力です。

英字キーボードはまさにUS規格なので、キーボードに『¥』の表記などありません。

マサ
マサ
$はあるけどな

大体『えん』と入力して、変換していくというのが最初強いられる、めんどくささだと思います。

そんなmacの英字キーボードでも『¥』は簡単に入力することができるんです。

macの英字キーボードで『¥』を入力する

macの英字キーボードで¥を入力するには

optionYで『¥』マークが入力されます。

マサ
マサ
これ知ってるだけで、超便利だよ!

その他のoption+で入力できる特殊文字

option+Q『œ』(フランス語で使われるOとEの合わせ文字)

option+W『∑』(シグマ、数学の数列で使われるやつです)

option+E『´』(アキュートアクセント)

option+R『®』(登録商標マーク)

option+T『†』(短剣符)

option+U『¨』(ウムラウト)

option+I『ˆ』(サーカムフレックス、発音記号)

option+O『ø』(ラテン語、表記ができない時はœで使うらしい)

option+P『π』(パイ、円周率のことですね)

option+A『å』(光の波長や原子間距離等に用いられた微小な長さの単位)

option+S『ß』(エスツェット、ラテン語、ドイツ語で利用される)

option+D『∂』(デル、数学記号)

option+F『ƒ』(フローリン記号、通貨の記号)

option+G『©』(著作権マーク)

option+H『˙』(ドット(発音区別記号))

option+J『∆』(デルタ、数学およびコンピューターサイエンスでも使用されるギリシャ文字)

option+K『˚』(ダイアクリティカルマーク、チェコ語)

option+L『¬』(数学の否定マーク、決して顔文字の目ではない(¬.¬)など)

option+『…』(リーダー、文章や数字を先に導く意図で使われる)

option+『‘』(引用符の始め)

option+Z『ω』(オメガ、物理学で角速度を示す記号)

option+X『≈』(近似的に等しい,同相)

option+C『ç』(Cにセディーユを付した文字)

option+V『√』(ルート、平方根)

option+B『∫』(積分記号)

option+N『˜』(チルダ(tilde)、発音記号)

option+M『µ』(0.000 001倍)

option+1『¡』(逆感嘆符。倒置感嘆符。)

option+2『™』(不正競争防止法の保護を受ける標章)

option+3『£』(ポンド記号)

option+4『¢』(セント (通貨) )

option+5『∞』(無限)

option+6『§』(セクションマーク)

option+7『¶』(パラグラフ)

option+8『•』(ビュレット、箇条書き項目で使われる)

option+=『≠』(ノットイコール、等しくはない)

マサ
マサ
特殊記号文字っていろいろ直接打てるんだね。
ABOUT ME
マサ
マサ
自分がやりたいことはやりたいだけ全部やる!!っと意気込んでる、ちょっと変わった人( ^ω^ ) 今日もどこかで笑いながら生きています♪