スポンサーリンク

複数のJPEGファイルをPDFに簡単にまとめて保存する方法



画像ファイル(JPEG)をPDFファイル1つにまとめておきたいと思ったことはありませんか?

PCだけで、まとめることもできますが、意外と面倒だったり、急にサイズが大きくなったりしたりして、ちょっと違和感の残るPDFファイルになることもしばしばあったりしませんか?

そんな時、簡単にJPEGファイルをPDFファイルに変換する方法があります。

ネット環境は必要ですが、超ワンタッチで複数のJPEGファイルをPDFファイルにすることができます。




JPG to PDFを利用する

ネット上で変換してくれるJPG to PDFですが、写真(JPEGファイル)をドラックアンドドロップするだけで、簡単にPDFファイルにしてくれます。

以下にアクセスすれば利用できます。

オンライン無料の JPG to PDF コンバーターです!複数のJPGイメージを1つのPDFドキュメントに変換できます。JPG/JPEGだけでなく、PNG、BMP、GIP、TIFFイメージも変換OKです。

まずはファイルをアップロードします。

アップロード方法は2つで、

アップロードをクリックして、ファイルを選択してアップロードするか、

ドラッグ&ドロップでJPEGファイルをアップロードするかのどちらかです。



写真がアップロードされたら、全ファイルをクリックすると、PDFファイルに自動変換され、ダウンロードされます



スポンサーリンク


JPEGファイルの並べ替えの方法

アップロードしたJPEGファイルを並べ換える方法は簡単で、

ファイルをドラッグするだけで並べ替えができます。

左から順に1ページとなるので、理想のpdfにするために並べ替えましょう。


間違ってアップロードしたファイルの消し方

全部のJPEGファイルを削除するには、キューを削除をクリックします。



一つのJPEGファイルだけ削除する場合は、ファイル上部の×をクリックします。

スマホからでも利用可能

iPhone、Androidからでも利用可能です。

iPhoneの場合は保存が少し面倒ですが、変換されたファイルが開いたら、シェアボタンをタッチします。



シェアボタンをタッチしたら、ファイルに保存をタッチします。

このiPhone内をタッチして、選ぶことで、iphone本体に保存されます。



すきなフォルダーをタッチして、追加をタッチします。



これで作成したpdfが本体に保存されています。



Androidも同様にファイルの中のダウンロードに保存されているはずです。

まとめ

超簡単にJPEGファイルをPDFに変換するのであれば、JPG to PFDかなりおすすめです。

ネット環境さえあれば、どの端末からでも簡単に画像がPDFファイルになります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする