スポンサーリンク

ノイズキャンセリング機能がヤバいBOSEのヘッドフォン〜QuietComfort 35を使ってみた〜【レビュー】



先日、BOSEのヘッドフォン、QuietComfort 35いただき、使い始めました。

使って衝撃を受けました。ノイズキャンセリング機能半端ない!!

正直少しノイキャン(ノイズキャンセリング機能)バカにしてました。あんまり良い製品に出会っていなかっただけみたいですね。

このBOSEのQuietComfort 35はノイキャンに興奮しすぎて、周りに喋りまくりました。。。それくらい良い製品です。

興奮が治らないので、記事にして落ち着いてみたいと思います。




ノイズキャンセリングってなに?

簡単に言うと、周りの雑音だけを軽減するものです。

通常は周りの音を断ちたい時、ボリュームをあげるしか方法がないですが、耳に負担がかかってしまいます。

ノイズキャンセリングは周りの雑音と同じ周波数のもの相殺してノイズを軽減する方法です。なので、音を流していなくても周囲の雑音を軽減することができます。

電子耳栓みたいなものですね!

詳しく知りたい人はこのページがわかりやすいですよ
TIME & SPACEは、KDDIがお届けするITxカルチャーマガジンです。

QuietComfort 35のノイズキャンセリングの効果は?

以前、こちらを使ったことがあるんですが、確かに雑音は減りますが、そこまでだなーっと言う感じでした。


このBOSE、QuietComfort 35のノイズキャンセリングの凄さは、駅で音楽を流しながら歩いていたら、周りの会話がみんなが口パクしてるみたいで、ほとんど聞こえないんです。電車の音もほとんど聞こえません。

なんか、自分だけ違う世界にいるような、そんな感覚になります。

また、カフェでの周りの会話もかなり軽減されるので、作業に集中できたりします。

家の換気扇の音はまず聞こえなくなります。ただ、音が消えると人の気配も消えるので、ちょっとびっくりすることはありますが、雑音が消えるという点ではいい意味で期待を裏切ってくれるものでした。

スポンサーリンク


QuietComfort 35の価格

通常の小売価格は38,142円(税込)です。ちなみに新型は39,960円(税込)です。

新型は新たにアクションボタンというのがついたみたいです。ノイズキャンセリング機能に変更はありません。

Amazonのプライム会員なら、37,800円(税込)で購入できます。

Amazonで見てみる

「可愛くない値段だなぁー。」っと思いますよね。

ただ、使ったらわかります。もう、通常のイヤフォンやヘッドフォンに戻れなくなりますよ。。。

個人的に気に入っている点

耳をしっかり包み込んでくれる形状なので、冬は耳あて変わりになる。

いい感じのフィット感で上からつけても、後ろから抱き込むようにつけても、いい感じです。

バッテリー持ちが異常に良い。

90%から使い始めて、そのまま音楽垂れ流したまま、6時間くらい寝てしまったんですが、起きても残り60%もありました。

iPhone8のバッテリーもよくもってたなぁ。

なんと言っても最強のノイズキャンセリング機能

これはみんなに使ってみて欲しい。そう思えるくらいすごいです。

BOSEのノイズキャンセリング機能で別世界へGO

Bluetoothの2台同時接続。

2台同時接続なので、わざわざ切り替えなしで、2つのデバイスを自動で切り替えてくれます。これが、本当に便利。

自分の場合はMacbookとiPhoneで曲をよく再生するんですが、毎回切り替えや接続するのがめんどくさかったのが解消されました。

今後考えられる心配点

バッテリーの劣化問題

どのくらいで劣化するかわかりませんが、無線のデバイスの永遠の悩みどころです。

夏は暑そう

耳をガバッと包み込んでくれるので、冬は良いですが、夏は汗ばむことが確定しています。クーラーがガンガン聞いている部屋でしか使えないかもです。

まとめ

Bose、QuietComfort 35のノイズキャンセリング機能を体験すると元には戻れないですよ。

気になる人は絶対家電量販店などで体験してみて欲しいです。数人で行って、ヘッドフォンつけて、音楽ながして、ちょっと遠目で話をされたら、そんなに大きなボリュームでなくても、多分口パクにしか見えなくなりますよ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする