スポンサーリンク

Smart LifeがとうとうAlexaスキル(日本)に対応!スマートプラグをAmaon Echoで便利に使おう



リーズナブルなスマートプラグを動かすアプリは

Smart Lifeであることが多いです。

自分の持っているスマートプラグ(Aitmexcn)もSmart Lifeのアプリで操作するものでした。

スマートホームに憧れて、少しだけ自宅にあるものをIoT化して制御してみることにしました。 今回使用したのはAitmexcnのスマートプラグ スマートプラグとはコンセントのONとOFFをスマホでできるコンセントのプラグのことです。

とても、便利なスマートプラグですが、日本語版のAlexaスキルに対応していなかったため、IFTTTを使わないと、Amazon Echoでは操作ができませんでした。

それが、このたび、日本語版のAlexaスキルに対応しました!!

マサ
これでIFTTTを使わなくいいね!




IFTTTを使わないので、反応がGOOD

アレクサアプリに対応したことで、IFTTTを使わなくなったので、反応がすこぶる早くなりました。

今までは

マサ
アレクサ、ライトオン、トリガー

アレクサ
イフトに送信します。

一息おいて、パチッ!っとライトがつくような感じでしたが、

アレクサスキルで追加できるようになって、

マサ
アレクサ、ライトつけて

アレクサ
はい。

っと同時か、むしろフライング気味にライトをパチッ!っとつけてくれます。

このストレス軽減具合といったら半端ないです。

スポンサーリンク


AlexaでSmart Lifeスキルを利用する方法

まずはAlexaアプリを開いて、左下のホームボタンをタッチします。

次に、左上のメニューをタッチします。



メニューが開いたら、スキル・ゲームをタッチします。



検索バーが出てくるので、smart lifeと入力して、検索しましょう。

smartと入力した時点で、候補もでてくるので、候補をタッチしてもOKです。



Smart Lifeのスキルをタッチします。



有効にするをタッチします。



Smart Lifeにログインが必要となるので、まず、国際電話番号を日本に変えます

+1のところをタッチします。



日本の番号である『+81』を探してもいいですが、入力窓に81と入力するとすぐにJapanが出てきます。

Japanが出てきたらタッチします。



電話番号はSmartLifeアプリで初回に設定した電話番号

パスワードもSmartLifeアプリで初回に設定したパスワードを入力し、

今すぐログインをタッチします。



PINコードを入力する場合もあるので、その場合はPINコードがSMSで送られてくるのをまって、入力します。

有効にするをタッチします。



デバイスの検出画面に変わるので、少し待ちます。



画面が切り替わって、SmartLifeアプリで設定している、デバイスの名前がAlexaで表示されれば完了です。


まとめ

IFTTTを利用しないで、スマートプラグが使えるのはかなりストレスから解放されます

現在Smart Lifeのプラグ類を使っている人はこの機会にAmazon Echoを購入して、Alexaアプリで動かしてみてください!

音声になれると、手動で電気を入れたり切ったりする動作、正直めんどくさくなります

こんな感じで、AIで利用できるデバイスが普及すれば、電子機器が苦手な人でも、スマートホーム化はすぐにできるんだろうなー

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする