スポンサーリンク

福岡→六本松、超老舗のレストラン喫茶青山に潜入してみた。【食レポ】

今回は福岡市中央区六本松にある、51年の歴史のある、レストラン喫茶『青山』に行ってきました。

創業1967年より、年中無休で営業しているレストラン喫茶青山です。

正直、大濠公園に行く時にここって営業してるのか?してないのか?、すっごく気になっていたお店でした。

今回は興味本位で同級生と一緒に潜入調査してきました。



外観



かなり、雰囲気があります。

強いて言うなら、潰れたラブホテルを思わせるような面影。

看板の清掃や外観の修繕などはしていない模様です。



店内は暗く、本当に営業しているのか、ドキドキです。

メニュー



手書きで、しっかりと書かれています。

今回はポークソテーと決めて中に入りました。



ちなみに、ディナーメニューも表示されていました。

スポンサーリンク

入店



入店すると、コース料理のメニューも置いてありました。

なんか、重々しい空気がなんとも言えません。

階段を登ると入り口が見えます。入り口から見えるグランドピアノがなんか怖い。。。


店内

まず、無音でした。端っこにおばちゃん3人が座っていて、一人の方がスタッフ(オーナーの奥さん?)のようでした。

入店して、「あっ!お客さん来た!」くらいの勢いで「いらっしゃいませ!」と言われます。

お好きな席へどうぞと言われたので、窓際の席にしました。


料理

注文は口頭で、ランチメニューからのみでした。今回はもちろん、ポークソテーをオーダー。

まずはオニオンスープとサラダが出て来ます。

オニオンスープは目の前で注いでくれます。(最初もやしのスープかと思ったのは内緒)

サラダのドレッシングは普通に美味しいレベルでした。

ちなみに、途中からクラシックが流れ始めます。



続いて、メインディッシュのポークソテーが出て来ます。

グラタンもついてきて、ボリューム的には満足です。



ちょっと固めですが、ソースも普通に美味しいです。(あくまで普通)



ライスはどうやら、おかわり自由っぽいです。

追加料金が取られるかは不明ですが。。。

完食したら、デミタスコーヒーが運ばれてきます。

お味は普通です。

砂糖とミルクは使うかとりあえず聞かれます。

まとめ

  • 店内がとにかく薄暗いです。
  • スタッフの奥さん、頑張っています。
  • 入店して、お客さん(奥さんの友達)がいたことに正直びっくりしました。
  • 料理は普通です。
  • 外観怖くて、入店後、階段を登る時にソワソワします。
  • キッチンから犬の鳴き声が聞こえて来ます。
  • そろそろ、レストラン喫茶青山は無くなるとか無くならないとか。
  • ちょっと、今時ではないお店体験をしたい人にはおすすめ。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする