スポンサーリンク

イライラしたり、やる気の出ないうつ状態の時に食べると良いハーブ、万能薬ロディオラロゼア



イライラして、怒りっぽくなったり、逆になにもやる気が起きなくなって、ちょっと鬱っぽいかなと思った時にはロディオラ ロゼアを摂ることをおすすめします。

ロディオラ ロゼアってあまり聞きなれない名前だと思います。ロディオラ ロゼアはハーブの一種で、日本名ではイワベンケイという名称です。イワベンケイは高山ハーブの一種です。



上の写真がイワベンケイです。出典:植物図鑑より

ハーブは日本ではなんとなく体によいイメージがあるかと思いますが、海外ではハーブは医師が処方する処方箋としても用いられます。

そんな高山ハーブ、ロディオラ ロゼアの効果について簡単に説明したいと思います。

スポンサーリンク

ロディオラ ロゼアの効果

うつ病の改善に作用、ストレスの緩和

うつ病患者さんに対するロディオラ・ロゼアの効果を検証した臨床試験も行われています。アルメニアで行われた偽薬との比較試験が実施されました。

この試験では、ロディオラ・ロゼアを340mg、または680mg含んだ錠剤と何も含んでいない錠剤(偽薬)を準備します。軽度から中等度のうつ病患者さんに対して、それぞれの錠剤を6週間飲んでもらい、うつ病に対する効果を比較しました。

すると、ロディオラ・ロゼアを340mg、または680mg含んだ錠剤を飲んだ患者さんではうつ症状が改善しましたが、偽薬では改善しませんでした。このとき、重大な副作用は起きませんでした。この結果から、ロディオラ・ロゼアがうつ病を改善する可能性が示されました。

出典:健康情報ナビ

実際の臨床実験で既に効果が立証されています。このロディオラ ロゼアはハッピーホルモンのセロトニン、やる気ホルモンのドーパミンにも関係が深いため、怒りっぽい人にも、精神を安定させるのにぴったりです。

スポンサーリンク

ガンの予防、アンチエイジング


ロディオラロゼアにはファイトケミカルスが多く含まれています。このファイトケミカルスは近年話題の抗酸化作用が非常に強い物質です。抗酸化とは体内で発生した活性酸素を吸収して無害化するものです。

そのため、体内の酸化によって傷ついた細胞を正常化できるため、ガンの予防にはファイトケミカルスは欠かせない存在になっています。

また抗酸化作用が強いということはアンチエイジングにも効果的だといえます。
集中力のアップ、記憶力のアップ


思考力を持続させるという効果があります。思考を続けると、脳のケアレスミスが多くなりがちです。この脳の疲れを緩和してくれるのがロディオラロゼアなのです。

スポーツをする時、勉強をする時、仕事をする時、どんな時でも必要となってくる部分なのです。特に学生には良い効果と言えるのではないでしょうか?
疲労回復


ベルギーの研究では、ロディオラロゼアが摂取直後から作用するかどうかを調べるため、健康な学生24人を対象に実験がある。学生には一定のペースで自転車を漕がせて、疲労困憊までの時間を測定し、ロディオラロゼアを摂取した場合、平均3%疲労困憊までの時間延長することができたという実験がある。
性機能の改善


ドーパミンは性機能や性的欲求に関わるホルモンでもあるので、その分泌を促す作用がある、ロディオラロゼアは男女ともに性的欲求を高める効果があるといえます。

特に男性のEDなどに使われることも多いようです。マカとロディオラロゼアを一緒に摂取すると、特に効果的なようです。

まとめ

  • ストレスの緩和だったり、集中力、記憶力のアップ、性機能の改善などかなり万能な効果がある。
  • ファイトケミカルスを多く含むため、アンチエイジング効果があり、いつまでも若々しく過ごしたい方へおすすめ
  • 学校などで集中する必要がある学生なんかにもおすすめ
スポンサーリンク