スポンサーリンク

生活習慣病を予防する6つのポイント



生活習慣病という名前を知らない人はいないと思います。昔は成人病と言われ、毎日の習慣が引き起こす病気です。3大死因はガン・心疾患・肺炎(出典:厚生労働省 H22死因別死亡確率です。このほとんどは生活習慣が引き金となっています。生活習慣病の怖いところは必ず発病するっというわけでもないですし、症状が表れるとしても何年も先のことであることです。

例えば、タバコで考えてみましょう。『このタバコを吸ったら2時間後に必ずガンになります。』っというタバコがあったら、どんなにヘビースモーカーの人でも絶対吸わないでしょう。

こんなシュチュエーションではどうでしょうか?

ある会場に集まった愛煙家100名に1人1万本のタバコを吸い終わるまで帰ってはいけないという条件を与えた場合、きっと怒りだす人がでてくるはずです。「なんで、こんな健康に悪いことをさせるんだ!!」と。。。それは当然ですよね、1日に1万本も吸うなんてどうかしてます。そこで、その100名に1万本のたばこは持って帰って吸って良いとプレゼントしたとします。そうするとおそらく、2,3年もかからず吸い終わるでしょう。

1日にまとめて吸ったら健康に悪いと思うものが、時間をかければ無害になるのでしょうか?ただ、症状が表れるのが先になるだけではないでしょうか?タバコにはガンになる可能性が高くなりますよ。っと印字がしてあるにもかかわらず、タバコをやめられない人はまさに良い例ではないでしょうか。

このように、症状が100%でなかったり、先延ばしになると人間はあまり意識をしなくなるようです。

しかし、このページを見ているあなたは未来をちゃんと意識しているはずです。今回は生活習慣病を予防する6つのポイントをご紹介します。


環境をコントロールすること



環境というのは簡単に言うと空気のことです。空気の質で睡眠の質が変わります。睡眠中にしか、体は回復できません。なので、寝室の環境(空気)だけはまずは意識てみると良いと思います。空気を綺麗にするには空気清浄機が良いですが、中でも化学物質を止めることのできる空気清浄機を使うことをおすすめします。

詳しくは空気の質があなたの健康を左右する!〜睡眠の質は空気の質で決まる〜を参照ください。

キレイな水をたくさん飲むこと



人間の体の60%は水分でできています。毎日だいたい2.5ℓの水が体には必要です。毎日水を飲んでいますか?キレイな水をたくさん飲むことで、体内の水も入れ替わります。入れ替わるまでにはだいたい2,3ヶ月と言われていますが、水が変わると体質も変わるので、効果を感じやすいかもしれませんね。

詳しくは水を飲むのとお茶を飲むのはどちらが体に良いの?を参照ください。

加工食品を減らすこと



簡単に言うと自炊しましょうっということです。加工食品には多くの添加物、そしてトランス脂肪酸が含まれています。このトランス脂肪酸は非常に酸化した油です。酸化した油を体に入れると、体(細胞)が酸化します。この細胞が酸化する状態を老化といいます。なので、加工された、カップラーメンやファーストフード、コンビニの弁当などはできるだけ避けた方が良いでしょう。また、自炊をするにしても調理器具は大事になってきます。素材の味を生かし、調味料や油をあまり使わなくても調理ができる、ステンレスの多重構造ナベを利用することをオススメします。美味しいだけでなく、塩分、糖分なども抑えて調理することができますし、光熱費なんかも抑えることができます。

スポンサーリンク

体に良いものを食べる癖をつける



人間が1日に必要な材料は決まっています。そして、毎日だいたいリンゴ一個分くらいの細胞が死んで、新しい細胞が作られています。体に必要な栄養素が体に満ちて入れば細胞も正常に生まれ変わりますが、体に必要な材料が足りていないとどうなるでしょうか?新しく生まれ変わることができず、古いものを使い回したり、代役を立てようとするのが身体です。例えば、飛行機の修理をする時に合金が足りないからそこらへんにある木の板を代役にした飛行機にのりたいと思いますか?きっと誰もが嫌だとおもいます。そうならないためにも、天然の野菜と果物から1日に必要な材料を食べるように心がけましょう。現代では技術の進歩で野菜や果物をそのままサプリメントに凝縮したものがあります。合成ではなく天然の材料でできているサプリメントで補うと簡単でしょう♪

油の勉強をする



油はあまり健康良くないというイメージある方が多いかもしれません。しかし、人間の体の20%は脂質でできています。世の中には体に良い油悪い油があることを理解しましょう。酸化しにくいオレイン酸や必須脂肪酸のリノレン酸、リノール酸なんかについて正しい知識を持って自分の体を守りましょう。人間の細胞膜の油はリノール酸とリノレン酸が4:1で構成されているので、もしリノール酸とリノレン酸が4:1の油を見つけたらそれを利用するのが良いでしょう。油で一番大事なのは悪い油を入れないことです。トランス脂肪酸だけは気をつけましょう。

適度に運動をする



体を動かすことは非常に重要です。血流を良くすることで、良いものをとってそれを全身に行き渡らせることができます。ハードな運動をする必要はありませんが、血流がよくなるような運動をしましょう。ウォーキングをする時は少し早歩きでウォーキングをしてみるとか、そういったところから始めてみるのはどうでしょうか?

スポンサーリンク

フォローする