スポンサーリンク

本気とは何か?〜自分の本気を知る4つの定義〜



本気ってなんだと思いますか?

やるぞ!!っと気合いを入れて取り組むことでしょうか?

それとも、とにかく1つの事にフォーカスする事でしょうか?

本気という定義は人それぞれなので、明確な定義はありません。

これって、自分本気なのかな?』っと思うこともあると思います。

そんな『本気』についてなんですが、これだったら素敵だという定義があったので、シェアしたいと思います。

この本気の定義に共感できる人がいたらうれしいです。




本気の定義

①自分で決めたことであること



まず、一つ目は自分で決めたことであるということです。

決して、人から言われてやることではなく、自分でこれをやってみたいからやるっ!っというものです。

例えば、上司に言われたから売り上げアップのために頑張る。ではなく、会社のために売り上げアップを自ら選択して、頑張るといった感じです。

本気というのは、自分で選択して決めるというのが一番重要ということですね。

スポンサーリンク


②やり続けていること



自分で決めて本気で取り組んでいると、必ず壁にぶつかります。

壁にぶつからない人はきっと本気では無いでしょう。

そんな壁にぶつかった時に本気かどうかが試されます。

壁にぶつかった時、ほとんどの人が諦めてしまいます。

こんな実験が実証されています。

営業で、相手に断られた回数が5回以上になると制約が94%となり、断られる回数が5回未満で諦める人が94%いるということです。

続けていれば、成功する確率が高くなる。これは科学的に実証されているようです。

③楽しいと感じること



本気でやっていれば、必ず楽しいという感情が湧いてきます!

楽しく無いのであれば、それは本気では無い証拠でしょう。

本気で取り組んでいると、壁だと思えることが、自分を成長させるチャンスに見えます。

まるで、ゲームにハマる子供のような感覚。

どんなに止めろと言われても、決してやめようとしないのがゲームにハマった子供じゃないでしょうか?

ゲームでうまく行かないことがあっても、次は絶対できる!っとなんどもトライしてクリアしていきます。

きっと本気の時はこの決してやめたくない!できないのも楽しめる!そんな感覚が本気の感覚なんではないでしょうか?

④助けてくれる人が現れること



本気で取り組んでいると、必ず、援助してくれる人が現れます。

もし、まだ援助してくれる人が現れていないのであれば、それはまだまだ本気ではないということ

本気で取り組んでいて、もうダメかも???っと思いそうな時に助けてくれる人が現れます。

この助けてくれる人が現れるまで、本気の気持ちを保って頑張って行くことです!

きっと素敵な援助者が現れることでしょう。

まとめ

この本気の定義はいかがだったでしょうか?

本気で取り組んでいると楽しい!!っと思える。これはすごく重要ではないかなっと自分は思いました。

なんとなく、可もなく不可もなくで生きていると、良いことも悪いことも起きませんが、本当に楽しい!!っと思える瞬間も訪れないと思います。

せっかくの人生なので、本当に心から楽しいと思える、本気で打ち込めるものがみんなに見つかったらいいなっと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする