スポンサーリンク

Mac Book Pro 2017を購入して、2013との違い(主に使用感)を比較してみた。



どうも、マサです。

最近MacBookPro2017を購入しました。

もともとMacBookPro2013を利用していて、特に故障したわけではないんですが、動画の編集などもすることが増えたので、メモリを16GBにしたくて、2017に乗り換えました。

今回は2017に変えて、どんな感じに違いが出たかを書き記しておこうと思います。



サイズが小さく、軽くなった

厚さ、幅、文句なし!とにかく小さくなりましたなりました。今回購入したのは13インチです。

これが比較した画像です。幅と奥行きが確実に小さくなっているのがわかります。

ディスプレイの大きさ自体は変わっていないので、無駄な部分がそぎ落とされた感じが伝わってきます。

そして、一番うれしいのがこの厚さが薄くなったこと。

なんと、2017は2013のディスプレイを除いた、本体部分の厚みしかありません。



持った感じが、あっ!薄くなった!っと感じるほどです。

また、重量が軽くなりました。2060g→1370g

なんと、690g!!

500mlのペットボトル約1.4本分です。

スポンサーリンク

音がGOOD



スピーカーがボディの左右についたことで、かなり音質がよく聞こえます。あとボリュームが大きいです!

この音の進化はかなり嬉しいところ。

イヤホンやヘッドフォンを忘れて、がっかりすることが減りそうです。

キーボードのタッチ感覚が変わった



薄くなったので、しょうがないと思いますが、最初に触った時は違和感しかありませんでした。

ただ、このキーボード慣れるとかなり打ちやすくなってきます。

暗闇で役立つキーボードのバックライトもキーボードがしっかり埋まっていることで、よりかっこよくなっています。

また、トラックパッドが大きくなった。のでかなり使いやすくなりました♫

USBが使えないのは違和感



USB-Cのみなったことで、USB-Aが使えないのは戸惑いを隠せません。

自分の場合外部ストレージ(USBフラッシュメモリ)にデータを入れることが多いので、USB-CからUSB-Aに変換するケーブルを忘れたりすると悲しいことになります。

アダプターが必要で少し面倒にはなりましたが、ガジェットによる拡張性が広がったのはとても嬉しいです。

自分の場合はUSBとHDMIくらいしか普段使わないので、それに対応するアダプターを購入しました。

一つのアダプターで賄えるのその点は便利です。

りんごマークが光らない



アップルの象徴のりんごマークが光らない仕様になりました。

りんごマークが光るのが好きだったんですが、薄くなり、光らない仕様になったのは非常に残念です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする