MAC

MACのFinderで隠しファイルを表示・非表示にする方法

隠しファイルって重要なファイル多いので、通常表示されないようにしてあります。

しかし、隠しファイルを編集する必要がある時などは隠しファイルを表示させる必要があります。

今回はそんな隠しファイルを表示する方法です。

隠しファイルをキーボードショートカットで表示させる

これはMacOSのバージョンによって利用できるできないがありますが、一番簡単な方法なので、まずは試してみてください。

Finderで表示したい隠しファイルがあるフォルダを開きます。

キーボードで次のキーを同時押しします。

shiftcommand+.

これで隠しファイルが表示されるようになります。

逆に非表示する場合にはもう一度ショートカットキーを押せば隠しファイルが非表示になります。

もしも表示されない場合は以下を試してみてください。

隠しファイルをターミナルの設定で表示させる

ターミナルを開いて、以下のコードを実行します。

コピぺ推奨

defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles TRUE

続いて、Finderを強制終了して再起動させます。

デスクトップでアップルマーク>強制終了>Finderを選択し、再度開くをクリックすればFinderが再起動します。

同じくターミナルからFinderを再起動する場合は以下を入力して実行しましょう。

コピぺ推奨

killall Finder

隠しファイルを非表示にする場合は以下のコードをターミナルで実行し、Finderを再起動してください。

コピぺ推奨

defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles FALSE

これでショートカットキーに対応していないMacOSでも隠しファイルを表示することができます。

まとめ

  • 隠しファイルはショートカットキーで簡単に表示したり、非表示にしたりが可能
  • もしも、ショートカットキーに対応していないMacOSだった場合はターミナルから隠しファイルの表示・非表示をコマンドで指定することができる
  • コマンドで隠しファイルの表示・非表示を行う場合はFinderの再起動を忘れないようにする

 

ABOUT ME
マサ
自分がやりたいことはやりたいだけ全部やる!!っと意気込んでる、ちょっと変わった人( ^ω^ ) 今日もどこかで笑いながら生きています♪