スポンサーリンク

iPhoneのsafariとChromeのタブを一気に閉じる方法



iPhoneにGoogle Chromeを入れて使っている方も多いと思います。

自分もそんなユーザーの一人です。

GoogleChromeが良いのは他のデバイスとお気に入りやタブなどを共有できるところですね。

しかし、iphoneの場合、デフォルトのブラウザがsafariなので、何かしらリンクに飛ぶときはsafariが起動してしまいます。

リンク先を確認して、safariを閉じると思いますが、safariはリンクを開くたびに新しいタブで開くので、いつの間にか膨大なタブがたまっていることがあります

タブは無限に増え続け、そのうち動作にも影響してきてしまうので、サクッと動作するようにこまめにタブを閉じておくことをおすすめします。

今回はそんなsafariのタブを一気に閉じる方法です。

Safariのタブを一気に閉じる

まずはsafariのアプリを開きます。

アプリが開いたら右下の四角が二つ重なったアイコンを長押しします。



長押しするとメニューが開きます。

自分の場合は267個ものタブが開いてました。。。

こんなの手作業で一つずつ閉じていたら、キリがありませんね。

なので、『すべての267個のタブを閉じる』をタッチします。



これですべてのタブが閉じられています。

一つずつタブを閉じる場合

safariのアプリを開きます。

アプリが開いたら右下の四角が二つ重なったアイコンをタッチします。



×をタッチするか、左にスワイプするとタブを閉じることができます。


Google Chromeのタブを一気に閉じる方法

まずは、Chromeのアプリを開きます。

アプリが開いたら、右下の四角の中に数字が記載されているアイコンをタッチします。



左下のすべて閉じるをタッチしすると、全てのタブを閉じることができます。


まとめ

GoogleChromeのブラウザの方が操作がわかりやすいと感じますね。

Safariもタブボタンを長押しすれば、すべてのタブを閉じることができます。

Safariはすべて閉じるなどの表記がないので、わかりづらいですね。

タブを閉じる方法がわからない時、少しでも参考になれば幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする