レビュー

タイのsimカードをiPhoneで使う時の注意点〜コレだけは知っておいて〜

タイに旅行をする際はSimカードを購入して、旅行するのがおすすめです。

ただし、iPhoneの場合ちょっと注意する点があります。

マサ
マサ
Sim交換してテンパったわ

タイのSimカードをiPhoneで使う時の注意点

再アクティベーションに注意

これは他の国のSimでも同様なんですが、iPhoneで国内Simから海外Simに差し替えを行うと、再アクティベーションが必要となります。

再アクティベーションとは

Simを交換した時に通信可能な場所で使用可能なSimかどうか判別するもの

Simを入れ替えると、iPhoneのようこその画面から始まるので、何も知らないとちょっとびっくりすると思います。

マサ
マサ
確かにすぐ使えなくて焦ったな

この再アクティベーション画面になったら、空港に到着するまでiPhoneが使えません。

正確には元の国内simに戻せば使えます

なので、iPhoneで音楽や動画などを視聴しながら、タイへ行きたい場合は着陸直前にSimを入れ替えるのをおすすめします

再アクティベートの方法は空港のFree Wi-Fiに接続してWi-Fiが利用できる状態になって、ようこその画面から進めて行けば、自動的にアクティベートしてくれます

Free Wi-Fiに接続していないとアクティベートできないので、注意しましょう。

空港のFree Wi-Fiの使い方

ドンムアン国際空港でもスワンナプーム国際空港でも利用可能なFree Wi-Fiがあります。

再アクティベーションの画面を進めて行くと、Wi-Fiの選択画面になるので、以下のWi-Fiを選択します

選択したら、ログインと表示され、ページが表示されるまで待ちます。

Startをタッチします。

Connect to Wi-Fiの画面が表示されたら、

  • 名前(なんでも)
  • 国番号(日本は+81でOK)
  • 電話番号(日本で使っている電話番号でOK)

を入力して、CONNECTをタッチします。

これでFree Wi-Fiに接続できるので、アクティベーションできるようになります。

ちなみにこのFree Wi-Fiもそれなりに早かったです。

今回使ったのはAIS SIM

今回購入していたSIMはタイのプリペイドSIMと言えばコレ!っというAISの8日で3GB使えるSIMを使用しました。

今回は4日間の滞在で、PCのテザリングも必要だった為、2枚で828円のセットを購入しました。

 

 

AISのSIMは対応エリアと速度も困らない

今回はバンコク・パタヤ・シラチャへと行きましたが、繋がらないエリアはなく、常に快適に利用できました。

バンコク市内で測定した速度は80Mbpsでした。

AISのSIMにはラッキーSIMが存在する

今回3GBでは足りないと思い、2枚組みを購入しましたが、結果1枚しか使いませんでした。

挿入したSIMがLUCKY SIMと言われる、SIMだったようで、15GBも使えるSIMでした。

マサ
マサ
SIMの差替えしなくて済んだのはよかった!

ちなみにLUCKY SIMの場合、最初のSMSでこんなメッセージが送られてきます。

もし、Simピンを忘れてしまっても

通常Simピンを忘れてしまったら、タイにはセブンイレブンとファミリーマートがいろんなところにあるので、クリップを購入したり、もしくは、空港の事前に購入していたSimショップで、SIMピンが借りれないか交渉するしかありません。

マサ
マサ
お前SIMピン忘れてたよな。

AISのSIMの場合には説明書が入っていて、その説明書を留めているホッチキスの芯でもSIMを取り出すことができました(笑

マサ
マサ
怪我しないように注意してね

まとめ

  • 海外SIMをiPhoneで使用する場合は再アクティベーションに注意する。
  • 空港にはFree Wi-Fiが必ずといっていいほどあるので、そのWi-Fiでアクティベートする。
  • AISのSIMなら、タイのいろんな場所で使えるし早い。
  • AISのSIMにはLUCKYなSIMが存在する。

 

 

ABOUT ME
マサ
マサ
自分がやりたいことはやりたいだけ全部やる!!っと意気込んでる、ちょっと変わった人( ^ω^ ) 今日もどこかで笑いながら生きています♪