雑学

パイナップルを食べて舌が痛い時の治し方〜チクチクを消すにはタンパク質〜

パイナップルを食べると、舌がチクチクして痛くなることがありますよね。

そんな時にすぐに直す治し方があります。

それはタンパク質を多く含む飲み物を飲むことです。

そうすることで、口の中に広がったパイナップルのブロメラインという成分を中和してくれるので、痛みを緩和することができます。

パイナップルを食べて舌が痛いのはブロメラインの特性

パイナップルに含まれるブロメラインという成分が、舌に痛みを与える原因になっています。

このブロメラインとはタンパク質分解酵素の一つなのですが、このブロメラインが舌を保護しているのタンパク質を分解してしまい、一時的に舌の感覚が剥き出しになることでチクチクします。

なので、舌を保護するタンパク質が回復すれば、チクチクと痛むことはありません。

ですが、たくさんパイナップル食べたい!!っという時は乳製品を一緒に飲むと効果的です。

パイナップルを食べて舌が痛い時は乳製品で解決!

パイナップルに含まれるブロメラインという成分はタンパク質を分解する酵素なので、その分解酵素を別のたんぱく質に結び付けてあげることで、舌を保護するタンパク質を守ることができます。

マサ
マサ
つまり、タンパク質の身代わりな

パイナップルと相性が良い乳製品は

  • 牛乳
  • ヨーグルト

あたりがおすすめです!

ブロメラインは軟膏としても使われている

パイナップルに含まれる成分ブロメラインはタンパク質を分解する悪い奴のようなイメージですが、軟膏で使用されています。

タンパク質を分解することで、火傷などで壊死した皮膚を溶かし、綺麗にしてくれるというわけです。

口の中では暴れ回って悪い奴な感じですが、皮膚などに使うと意外と効果的な場面があるんですね。

その他にもタンパク質を分解する成分がある

チクチクと舌が痛くなるのはパイナップルだけではありません。

キウイやメロンにも含まれます。

そしてブロメラインだけでなく、アクチニジンという成分もあります。

マサ
マサ
パイナップルにも含まれるらしいぜ
舌がピリピリする原因~キウイやパイナップルを食べるとなぜ舌がピリピリするの?~なんか、キウイやパイナップルを食べた時に舌がピリピリと痛むことってありませんか? 最初はそうでもないけど、食べ続けてるとだんだんピリリと痛くなって来ます。 実はキウイやパイナップルに含まれる成分に原因がありました!...

まとめ

パイナップルを食べて舌が痛くなるのはブロメラインという成分が舌を保護するタンパク質を分解するから

痛みを早く消すには乳製品(タンパク質を含む食品)を飲むor食べることで痛みを解消することができる

ブロメラインは薬品(軟膏)としても使われている、有用な成分でもある

 

ABOUT ME
マサ
マサ
自分がやりたいことはやりたいだけ全部やる!!っと意気込んでる、ちょっと変わった人( ^ω^ ) 今日もどこかで笑いながら生きています♪