Windows

Windows10でHDDからSSDへ変更する時に無料でクローンを作成するならMiniToolのShadowMakerがおすすめ

Windows10にアップグレードして、起動速度を早くしたいと思うなら、HDDからSSDへ変更するのがおすすめです。

マサ
マサ
まぁ、ぶっちゃけ早くなるよな。

HDDからSSDへ変更って、めんどくさいなーっと思う人が多いと思いますが、意外と簡単なんです。

HDDのクローン(複製)をSSDに作成して、HDDとSSDを差し替えるだけで完了します。

マサ
マサ
結構素人でもできちゃうよね

ただ、クローンを作成する時にハードの機材が必要だったり、ソフトが必要になります。

クローン作成時のハードとソフトのメリットとデメリット

まずは、ハードでクローンを作成する場合とソフトでクローンを作成する場合のメリットとデメリットを見ていきましょう。

ハードのメリット

  • 余計なソフトが不要
  • ワンタッチで作成が可能
  • 使用後のHDDを外付けHDDにしてすぐに使える

ハードのデメリット

  • ハードの購入が必要
  • ハード自体が高い
マサ
マサ
金払えば、簡単でモノが残るってことな

ちなみにですが、このような機器が必要になります。

ソフトのメリット

  • HDDをUSBポートに繋いでクローンの作成ができる
  • クローン作成が簡単操作で行える

ソフトのデメリット

  • ソフトが有料のものが多い
  • 無料でも期間限定のものが多い
  • PCにソフトをインストールしなければならない

有料のものだとこのようなものが必要になります。

マサ
マサ
そんなにしょっちゅうクローンを作成することもないから、無料で簡単なのは無いの?

Windowsであれば、無料で簡単にクローン作成ができるバックアップソフトがあります。

それが、MiniTool® のShadowMakerです。

マサ
マサ
ワンタッチでわかりやすいよ!

MiniTool® のShadowMakerの無料で使える機能

MiniTool® のShadowMakerは無料版とPro版に分かれていますが、無料版でもしっかりした機能を使うことができます。

主な機能
  • バックアップ
  • メディアビルダー
  • ディスククローン作成
マサ
マサ
もちろんクローン作成も入ってるよ

HDDのクローン作成が期限なしの無料で使えるソフトですので、早速インストールして使ってみましょう。

MiniTool® のShadowMakerでクローンを作成する

ShadowMakerを使って、HDDのクローンをSSDに作成しましょう。

アプリを起動してツールをクリックするとメニューが表示されます。

ディスククローンをクリックします。

ソース側がクローン元(コピー元HDD)になるので、クリックして、HDDを選択しましょう。

宛先がクローン先(コピー先SSD)になるので、クリックして、SSDを選択しましょう。

選択が完了したら、OKをクリックします。

HDDのクローンは全く同じものを作成するというものになるので、SSDの容量に余裕があったとしても、中身は削除され、HDDと同じデータに上書きされます。

マサ
マサ
クローン作成が終わったら、HDDとSSDを差し替えるだけでOKだよ

まとめ

  •  Windows10でHDDからSSDにアップグレードする際はMiniTool® のShadowMakerが無料で使えて便利
  • クローン元とクローン先を間違えないように選択することが大切
  • クローン先のデータは消えることを念頭に置いておく
ABOUT ME
マサ
自分がやりたいことはやりたいだけ全部やる!!っと意気込んでる、ちょっと変わった人( ^ω^ ) 今日もどこかで笑いながら生きています♪