Windows

windows10が起動しなくなる前にブータブルUSBドライブを作成しておこう

Windows10が急に起動しなくなることってたまにありますよね。

BIOSが立ち上がる(電源が入ってブート画面までは進む)場合は基本的にSSDやHDDなど、WindowsOSがインストールされている記憶媒体の故障が原因です。

記憶媒体の故障=データ紛失
マサ
マサ
えー、どうしよう。

っとなってしまいますが、記憶媒体の故障も大きく分けて2通りあります。

  • 記憶媒体が物理的に破損してしまった場合
  • 記憶媒体がシステム的に破損してしまった場合

です。

後者の記憶媒体がシステム的に破損してしまった場合ですと、ブータブルUSBを使用することで、保存していたファイルを救出できる可能性が高まります。

今回はそんなブータブルUSBを超絶簡単に作成できるアプリをご紹介します。

簡単にブータブルUSBが作成できるEaseUS OS2GO

EaseUS製のOS2GOを使うと簡単にWindowsブータブルUSBドライブを作成することが可能です。

どのくらい簡単に作成できるかというと…

  1. USBをPCに差込む
  2. OS2GOのアプリを立ち上げる
  3. USBの作成を実行する

こんな簡単3ステップで作成することが可能です。

マサ
マサ
これならPC苦手な人でもできるよね

実際のWindowsブータブルUSBドライブの作成画面はこのような感じです。

※ブータブルUSBにするものは既に挿入してある状態です。

USBフラッシュドライブの最低容量は64GBです。

まずはOS2GOを立ち上げます。

挿入したUSBドライブを選択して、次へをクリックします。

USBはフォーマットされるので、データが全て削除されますので、必要なデータが入っていた場合にはバックアップを取ってからブータブルUSB作成に挑みましょう。

警告に了承するために続けるをクリックします。

Windowsシステムをコピーするので、ソースディスクとターゲットディスクが表示されます。

  • 上がコピー元のソースディスク
  • 下がコピー先のターゲットディスク

実行をクリックすると、WindowsシステムをUSBへコピーする動作が始まります。

実行をクリックした時点でUSBのデータは削除されます。/jin-iconbox01]

クローン作成時に絶対にUSBを抜かないように注意しましょう。

完了ボタンが表れたら、完了ボタンをクリックして、ブータブルUSBの完成です。

マサ
マサ
控えめに言って、超簡単だな 

他社製品Acronis Media BuilderなどのブータブルUSBの作成方法もありますが、面倒くさいが爆発してしまいます。以下参照

実際に作成したブータブルUSBを使用する方法

作成したブータブルUSBもいざとなった時にちゃんと使用できないと意味がありません。

マサ
マサ
そりゃそーだな、作ったつもりじゃ意味がない

ブータブルUSBから起動するにはブートメニューを開く必要があります。

基本的な動作として、ブートメニューを開く方法はPC立ち上がり時に対象のキーボードキーを押す必要があります。

以下にブートメニューを表示するためのキーをまとめておきます。

『F12』で起動するラップトップ
  • Acer
  • Dell
  • Lenovo
  • Hasee
  • Haier
  • Founder
  • THTF
  • ThinkPad
  • TOSHIBA
  • Samsung
  • IBM
  • Fujitsu
  • GIGABYTE
  • Gateway
  • eMachines
『ESC』で起動するラップトップ
  • ASUS
  • Sony
『F9』で起動するラップトップ
  • HP
  • BenQ
『F12』で起動するデスクトップ
  • ASUS
  • Acer
  • Lenovo
  • Hasee
  • Haier
  • Founder
  • THTF
  • HP
『ESC』で起動するデスクトップ
  • Dell

ちなみにMac製品はすべて『Option』キーとなっています。

PCを起動し、上記のキーを押してブートメニューが開いたら、今回作成した、USBを選択するだけでUSBからWindowsが起動します。

実際にブータブルUSBを使ってみた感想

今回作成したブータブルUSBを利用して、いろいろWindowsを操作してみた結果なのですが、

USBの書き込み、読み込み速度が非常に大事になってくることがわかりました。

マサ
マサ
まぁ、そりゃそーだろうな。

今回はこちらのUSBでブータブルUSBを作成しました。

書き込みと読み込みの速度は以下でした。

結果、、、Windowsの動作が遅過ぎて使い物にならない。

どのくらい使い物にならないかと言うと、フォルダをクリックして、開くまでに約30秒ほどかかりました。

USBーCとUSBーAがつかえるので便利だと思ったのですが、速度が思ったよりも遅く、WindowsOSを利用するには不十分でした。

マサ
マサ
くそう!!

っということで、どのくらいの速度だったらストレスなくWindows10が利用できるか試すために、2.5inchのSSDを同じようにブータブルUSBにして使ってみました。

created by Rinker
エイデータ(Adata)
¥9,980
(2021/09/18 21:59:23時点 Amazon調べ-詳細)

SSDの速度は次の通りです。

この速度だったらスムーズにWindows10が動作することがわかりました。

マサ
マサ
ちょっと大きくなるけどSSDが確実かもね

自宅のWindows10がポータブル持ち運べるUSBになる!?

ブータブルUSBドライブは復旧の時にだけ役に立つだけではないんです。

Windows10が快適に動作するUSBorSSDを利用すれば、ポータブルなWindowsをUSBで持ち運べるようになるということなんです。

WindowsポータブルUSBドライブを作成することで、PCが使える環境に行けばどこでも自分の使い慣れた環境でWindows10を利用できるようになります

しかも、持ち運ぶのはUSBorSSDだけでOKなんです!

マサ
マサ
超ミニマリストだね。

そんな、便利なUSBドライブを一つ持っておくのも悪くないと思って、自分は作成しています。

OS2GOではそんなUSBドライブが簡単に作成できるので、今回使わせていただきました。

まとめ

  • Windows10のブータブルUSBドライブを作成するなら、OS2GOを使うと非常に簡単に作成できる。
  • Windows10のブータブルUSBは持ち運びが簡単なので、ポータブルなWindowsをUSBで持ち運べる環境になる。
  • HDDなどの記憶媒体がシステム的に故障した場合はブータブルドライブからWindowsを起動して、ファイルを復旧できる可能性がある。
  • ブータブルUSBドライブを作成する際は書き込み速度と読み込み速度の速いUSBを使うことが大事。SDDなら心配はいらない。
ABOUT ME
マサ
自分がやりたいことはやりたいだけ全部やる!!っと意気込んでる、ちょっと変わった人( ^ω^ ) 今日もどこかで笑いながら生きています♪