スポンサーリンク

【mac】iTunesでCDを作成する方法(書き込み方法)プレイリストから簡単にCD作成

スポンサーリンク



iTunesを使うとプレイリストを簡単にCDにすることができます。

最近はあまりCDを利用することはなくなりましたが、それでもまだまだ需要のあるCDです。なんていっても人と共有するときに、自分の好きなプレイリストと曲で共有することができるので、とても手軽です。

また、好きな曲のデータをバックアップする意味でも良いと思います。

せっかくPCに保存していた音楽データが一瞬で消えてしまったらショックで立ち直れませんから。。。

それでは早速、mac版iTunesのプレイリストからCDを作成する方法です。

Windows版を利用されている方は>こちら<


iTunesを起動する

まずは、iTunesを起動します。


プレイリストを作成します

新しいプレイリストはキーボードの[command]+[N]を同時に押すことで作成されます。



プレイリストが作成されたら、わかりやすいように名前を変更します。

今回はプレイリスト14が新しく作成されたので、プレイリスト14のところをクリックして、名前を変更します。



今回は名前を「書き出すCD」とわかりやすい名前にしてみました。



スポンサーリンク

プレイリストに曲を追加する

作成したプレイリストに曲を追加します。

※プレイリストへの追加方法は>こちら<

CDはだいたい60~80分くらいまで曲を入れることができます♪


プレイリストをCDに書き出す

ファイル」から「プレイリストからディスクを作成」をクリックします。



ディスクの作成機能にてドライブを選択します。

今回自分は外付けのApple SuperDriveを利用しました。

ディスクフォーマットはオーディオCDを選択します。



曲の間隔は曲と曲の間に無音時間を何秒いれるか?というものです。

基本は「なし」を選択します。



ディスクを作成をクリックすると、CDへの書き込みが始まります!

もちろん、空のCDをドライブにちゃんとセットしてくださいね♪



書き込みが始まると赤枠のところに進行状況が表示されます。



書き込みが終わると下のようになります。

プレイリストからCDを作成するのはとてもシンプルで簡単ですね♪



スポンサーリンク


フォローする