スポンサーリンク

ヘアトリートメントは傷んだ髪に使うもの〜髪は補うことよりもダメージを予防することが一番大事〜



ヘアトリートメントはどれがいいか?いろいろ悩まれている方もいらっしゃると思います。もちろん傷んだ髪にはヘアトリートメントは必要なものですが、そもそも髪はなんで痛むのでしょうか?ヘアダメージが減れば、トリートメント自体もそんなに頻繁にしなくてよくなります。今回は根本的な『髪はなぜ、ダメージを受けるの?』っというところご説明させていただきます。



髪は一度痛むと元には戻らない!?



最初に知っておいて欲しいのが、肌と髪の違いです。肌と髪の大きな違いはなんだと思いますか?答えは『生きているか』『死んでいるか』の違いです。肌は自然と再生することができますが、髪の毛は一度傷んでしまうと二度と元には戻れません

なので、髪の毛は何もしないとダメージを負い続けていきます。そのため、外から栄養を入れてあげないとよくは絶対になりません。栄養をあげても元に戻るわけではなく、見た目を誤魔化しているだけです。なので、髪に一番大事なことは痛まない努力をする必要があります。



ダメージの5つの要因

紫外線ダメージ



地球で生きている限り、避けては通れないのが紫外線によるダメージです。紫外線は肌や髪など、見た目に関しては百害あって一利なしです。そして紫外線は漂白作用が強いので、染めた髪の色が抜けやすくなります。また、紫外線で乾燥しやすくなるため、髪がパサつき易くなります。紫外線から髪を守るためには、紫外線を防止できるヘアスプレーなどを利用する必要があります。

乾燥ダメージ



これも現代社会では避けては通れないヘアダメージの一つです。乾燥はエアコントロールされている部屋では必ず発生します。なので、エアコンが普及した現代では逃れることのできないダメージです。パサつきを抑えるために、ヘアオイルなどを使うと効果的です。

スポンサーリンク


摩擦ダメージ



ブラッシングやシャンプー時に起こるのがこの摩擦によるダメージです。特にプラスティック製のブラシを使うと摩擦が起きやすいです。一番最悪なのは濡れた髪を擦る行為。濡れた髪をブラッシングしたり、泡だてがいまいちの状態でシャンプーをしたりすると、たちまち髪は傷んでいきます。毛はできるだけ擦らないようにしましょう。

シャンプーを正しいやり方にして習慣化するとダメージは少なくなるかも!?

ケミカルダメージ



ケミカルダメージはカラーやパーマをした時の薬液によるダメージです。現在ではオシャレのためにカラー、パーマは当たり前のようにしている人が多いように思います。オシャレをするだけでも、髪は傷んでいきます。

熱ダメージ



熱のダメージはドライヤーの熱や太陽光の熱、女性であればヘアアイロンの熱などでダメージを受けます。髪もタンパク質ですので、熱を加えすぎるとダメージを受けてしまいます素人が使っても熱のダメージを受けにくいのはイオン系ドライヤーです。イオン系ドライヤーは周りの水分を含み、風を送り出すため、風が熱くなりすぎず、熱のダメージを受けにくくなります。

まとめ

  • 髪は一度傷んだら自己修復できないので、綺麗に保つには努力が必要
  • 髪のダメージには5つの要因がある。
  • ダメージを抑える習慣にすると、綺麗な髪を保ち易くなり、トリートメントの回数が減る

スポンサーリンク

フォローする