スポンサーリンク

URLを短縮するGoogle URL Shortenerが使えなくなる。今後はBitlyを使おう!



URLを短縮するサービスと言えば、Google URL Shortenerです。

goo.gl/~~~~~』というアドレスを見たことはあるんじゃないでしょうか?

ただし、このとってもポピュラーなサービスが使えなくなります。

Google URL Shortenerのページでは以下のように記載があります。





既にGoogle URL Shortenerを利用している人以外は2018年4月13日で利用ができなくなっています。

利用している人も2019年3月30日には完全にサービスが終了してしまうので、これを機会にBitlyを使うことをおすすめします。



Bitlyの使い方

まずはBitlyのHPにアクセスします。

上のリンクから飛べるのでクリックしてみてください。

サイトが開いたら、短くしたいURLを貼り付けます。

SHORTENをクリックorタッチしたら、完了です。



短くなったURLをコピーして使うだけです。

スポンサーリンク

短くなったURLがどんなURLだったか調べる方法

短縮されたURLの先がどんなURLか気になることってありませんか?

そんな時に使えるのがURL解析のサイトです。

以下をご覧ください

短縮されたURLはアドレスからどこのサイトかも予想がつかないので、ちょっと怖いですよね。 GoogleのURL短縮サービスも2...

URLを短縮するメリット

URLを短縮するメリットってなんなんでしょうか?だいたいこの2つなんじゃないかなーっと思います。
  • メールなどに貼り付ける時にアドレスが長くならずに、文章が綺麗になる。
  • どれくらいそのリンクにアクセスがあったかの、カウントができる。

URLを短縮するデメリット

もちろんデメリットもあるんです。
  • LINE@などで使うとアカウントを停止されるサービスもある。
  • 変なサイトと思われて、クリックされなくなる。
などなど、デメリットがあることも覚えておきたいですね!

まとめ

  • URLを短縮するならBitlyを使おう
  • 短縮したURLを解析することも可能
  • URLを短縮すると、メリットとデメリットがある
これを踏まえて、賢くURLを短くして使っていきましょう!

個人的には長いアドレスのサイトでよく利用していますよ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする