ガジェット

Anker Nano Ⅱ 65Wはミニサイズなのに充電できないものはほとんど無い!?

Anker Nano Ⅱ 65Wでミニサイズなのに充電できないものはほとんど無い!?

先日、Anker Nano Ⅱ 65Wを購入してみました。

Mac Book Pro 13(USBーC給電タイプ)を外出時に充電する用にですね。

外出時の荷物は最小限にできるに越したことはないので、今回はこのプラグから買い換えといった感じです。

Mac Book Pro13は45Wなどでは負荷の大きい処理などを行うと充電できなくなる時があるので、65Wタイプを選びました。

Mac Book Pro15は87W、Mac Book Pro16は96Wなので、65WのAnker NanoⅡ65Wでは充電できない可能性高いです。

消費電力が高いPCの場合は100Wを選んだ方が無難です。

マサ
マサ
充電できなくなったら小さくても意味ないしな

前回購入していたのはこちら

マサ
マサ
2020年の2月に購入してたから、ちょうど2年だな
マサ
マサ
意外と長持ちしたね!まだバリバリ使えるよ!

それでは、今回は購入したAnker Nano Ⅱ 65Wのスペックや、メリット、デメリットなどを見極めていきたいと思います。

Anker Nano Ⅱ 65Wのスペック

基本スペックはこちらです。

サイズと重さ

  • サイズ:約 44 x 42 x 36 mm
  • 重さ:約 112 g

サイズを比較してみました。

AirPodProのケースAirPodProのケースとの比較
iPhone13Proとの比較iPhone13Proとの比較
元々使っていた充電器元々使っていた充電器との写真1
元々使っていた充電器との写真元々使っていた充電器との写真2
マサ
マサ
サイズ感は大きめのサイコロって感じだよね

実際にANKER Nano Ⅱ 65Wの重さを測ってみました。

余裕で2g多いANKER NanoⅡ 65W余裕で2g多いANKER NanoⅡ 65W
マサ
マサ
112gって書いてあるのに。。。

以前使っていたRAVPOWERの方が流石に重かったです。

流石にRAVPOWERの方が重い流石にRAVPOWERの方が重い

単三電池が約30gなので、単三電池の4本パックより少し軽い重さです。

単三ニカド電池単三電池は約30g
マサ
マサ
重さが気になったら、単三4本パックをお店で持ってみてね

入力と出力

  • 入力: 100-240V~ 2.1A 50-60Hz
  • 出力: 5.0V=3.0A / 9.0V=3.0A / 15.0V=3.0A / 20.0V=3.25A (最大 65W)

入力が100-240Vなので、日本だけじゃなく、海外でも使用が可能です。

また最大出力用が65Wありますので、Mac Book Pro13 or Mac Book Pro14までなら十分充電できます。

マサ
マサ
まぁ、PC持ち歩くなら13か14までだもんな

心配な場合は『PCの型番 + 充電アダプタのW(ワット)数』を検索して、65Wの±5W程度か調べると良いです。

65Wより低ければ使用可能ですが、極端にW数が低い場合は別の選択肢も考えると良いかと思います。

Anker Nano Ⅱ 65Wのメリット

最大のメリットはその大きさだと思います。

手のひらサイズでMac Book Pro13までの充電を全て補ってくれるのは非常に助かります。

マサ
マサ
持ち運び用にはピッタリだね

Anker Nano Ⅱ 65Wのデメリット

デメリットは薄いカバンに入れるときは厚みが若干気になる感じがあります。

厚さがiPhone13Proを3台重ねたサイズ感なので、薄いバッグには不向き感はあります。

マサ
マサ
薄い方がいい人は大きくなっても厚さが薄いものを選んだ方がいいね

まとめ

  • Anker NanoⅡ65Wで充電できない可能性が高いのはMac Book Pro15もしくは16
  • Anker NanoⅡ65Wで充電できるか心配な時は『PCの型番 + 充電アダプタのW(ワット)数』で検索して、65W±5Wっであるか確認する。
  • 日本、海外でも利用可能
  • 小型で持ち歩きしやすいが、薄めのカバンにはあまり向かない
ABOUT ME
マサ
自分がやりたいことはやりたいだけ全部やる!!っと意気込んでる、ちょっと変わった人( ^ω^ ) 今日もどこかで笑いながら生きています♪

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA