スポンサーリンク

スマホをwifiの中継器化〜wifiブリッジのやり方とメリット〜【P10lite】



Wi-Fiの中継器を使ったことはありますか?

通常Wi-Fiブリッジと言われるものなんですが、実はスマホ(Android)でもこのWi-Fiブリッジが使えるものがあります。

今回はHUAWEIのP10Liteというスマートフォンを利用してWi-Fiブリッジを使用してみました。

スマホで簡単にできるWi-Fiブリッジのメリットをご紹介します。



Wi-Fiブリッジのメリット

Wi-Fiを中継する、Wi-Fiブリッジを利用することで、次のようなメリットがもたらされます。
  • 自宅の電波が弱い部屋があれば、電波のエリアを広げることができるので、改善できる。
  • 公共のWi-Fiを利用する時に、認証を中継するスマホ1台だけしておけば、他のデバイスは認証がいらなくなる
  • 使いたいデバイスにWi-FiブリッジのSSID、PASSWORDを覚えさせておけば、初めて接続するWi-Fi環境でも、スマホ1台だけの設定で済む
こんな感じで、使うと意外と便利なものです。特に手持ちデバイスが多い人、出張などが多い人なんかはとても役に立つのではないでしょうか?

個人的にはスタバのWi-Fiをよく利用するので、その時の認証がスマホだけで済むのはとても便利に感じてます。また公共Wi-Fiは複数デバイスを利用すると他の接続が切れたりと、イライラすることが多かったんですが、それが軽減しました♪

スポンサーリンク

Wi-Fiブリッジの使い方(P10Lite)

まずは設定をタッチして設定画面を開きます。



Wi-Fiに繋がっていることを確認したら、その他をタッチします。



テザリングとポータブルアクセスをタッチします。



Wi-Fiブリッジをタッチします。



Wi-Fiブリッジの設定をタッチします。



ネットワーク名がSSIDのことです。

パスワードがWi-Fiに接続するときのパスワードです。

パスワードは何を入力したか分からなくなってしまったら、目のマークをタッチしましょう。

この二つを入力して保存をタッチします。



先ほど設定したネットワーク名があるので、右側にあるスイッチをタッチして、ONにします。



青色になったら、接続したいデバイスでネットワーク名を探して接続したら、完了です。



Wi-Fiの接続方法が分からない方はこちら

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする