スポンサーリンク

WiMAXのクレードルは必要なのか?〜自分に必要か確認してみましょう〜



どうも、マサです。

今日はWiMAXのクレードルが必要な人とそうでない人についてです。

ちなみにクレードルってこんなやつです。



このクレードル、最初の申し込み時点で有料オプションになっていることが多いので、悩む人も多いと思います。

ただ、このクレードルは後からでも購入できるので、よくわからなければ、まずは購入しなくて良いと思います。

ただ、後から必要になって申し込むなんて、面倒臭い。そんな人もいると思うので、クレードルがどんな人に必要か記して起きます。

クレードルが必要な人

充電を手軽にしたい人

クレードルはWiMAXの本体を上に置くだけで充電ができる仕様になっています。

なので、毎回充電ケーブルを差し込んで充電するのが面倒という人にはあった方が便利だと思います。

PCに有線ケーブルで接続したい人

最近ではあまりいないと思いますが、パソコンにLANケーブルで接続してインターネットを楽しみたい方はクレードルが必須です。

ただ、モバイルルーターの場合有線LANケーブルで接続するメリットがほとんどないので、個人的には必要ないと思います。

無線LANルーターを使用する場合

2部屋以上ある鉄筋コンクリートの建物にお住まいで、自宅のネットもWiMAXを利用したいという人には必須です。

WiMAXの電波は携帯よりも高周波の2.5GHzで、建物の中では電波が悪くなりがちです。

なので、窓際に置いて利用するのが良いのですが、WiMAX自体のWi-Fi昨日は限界があるので、窓際にWiMAX本体を置いている部屋は良いですが、それ以外の部屋で利用する時にうまくWi-Fiが繋がらないなどの現象が起きてしまいます



なので、電波の強い無線LANルーターで、自宅内のWi-Fi環境を整える時に必要となるのがクレードルです。

クレードルの裏側に有線LANケーブルを繋ぐところがあるので、購入した無線LANルーターと有線で繋ぐことによって、WiMAXを窓際に置いていてもWi-Fiの電波が無線ルーターで強化されるので、どの部屋でもWi-Fiが繋がり易くなります



ワンルームではWiMAXのWi-Fi機能だけでほとんどの場合はまかなえるので、基本必要がないです。

番外編

クレードルの中にはアンテナを内臓したものがあります

その場合は室内に弱いWiMAXの電波を拾い易くしてくれるので、室内利用が多い場合は必ずクレードルを持って置いた方が良いです。

クレードルにアンテナ内臓かどうかはその時のWiMAXの機種によるので、電話でクレードルの仕様について確認するのが良いでしょう。

まとめ

  • ワンルームの人は基本必要が無いが、アンテナ内臓のクレードルだった場合は持っていた方が良い。
  • 2部屋以上ある場合はクレードルと無線LANルーターを使って自宅内のWi-Fi環境を整えると良い。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする