ガジェット

TTArtisan35mmf1.4レンズの魅力とは?Gレンズとも比較してみた。

TTArtisan35mmf1.4レンズの魅力とは?Gレンズとも比較してみた。

TTArtisan35mmf1.4のレンズは中華製の激安レンズです。

なんと、Amazonで8,910円でした。

今回、購入してみたのはこちらのブラックです。

TTArtisan35mmf1.4とα5100TTArtisan35mmf1.4とα5100
マサ
マサ
1万円でお釣りが来るなんて、そのレンズ大丈夫なの?

結論から言うと、このレンズ1万円にしてはアリです。

しかし、マニュアルフォーカスなので、素早い動きなどには対応できないので、用途は限られてきますね。

個人的にはマニュアルの方が写真を撮るということ自体が楽しいので、満足しています。

マサ
マサ
このレンズは買って良かった!

TTArtisan35mmf1.4のサイズ感

TTArtisan35mmf1.4のサイズは以下のようになっています。

  • 重量:180g
  • 長さ:44mm
  • 直径:42mm

α5100のレンズキットと比べると写真のような感じになります。

左TTArtisan35mmf1.4|右FE 4/24-105 G OSS左TTArtisan35mmf1.4|右E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS

右のレンズはE PZ16-50mm F3.5-5.6 OSSです。

マサ
マサ
α5100のレンズキットについてた純正レンズな

純正レンズは使い勝手は良いのですが、ボケ感などがもう少し欲しいと思う場面があり、『オールマイティだけど、スマホでもいいんじゃね』っと思ってしまうようなレンズです。

ちなみにレンズキットの方のサイズはこちらです。

  • 重量:116g
  • 長さ:29.9mm)
  • 直径:64.7mm

レンズキットのレンズの方が軽くて長さも短いので、持ち歩きには向いていますが、『ボケ感』に物足りなさを感じると思います。

左TTArtisan35mmf1.4|右FE 4/24-105 G OSS左TTArtisan35mmf1.4|右E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS
マサ
マサ
ホント、持ち運びのしやすさは最強なんだけどね!

TTArtisan35mmf1.4の魅力

TTArtisan35mmf1.4の魅力は

  • 1万円以下で買える
  • f1.4と明るいレンズ
  • マニュアルフォーカスなので撮ってる感が強い←人による

の3つです。

1万円以下で買えるレンズ

当然ですが、1万円以下のレンズなんて破格です。

自分が他に使ってるレンズはGレンズ、GMレンズと奮発してレンズを購入しております。

TTArtisan35mmf1.4はぶっちゃけ、興味本位で購入した感は強いですが、思ったより全然使えるレンズでした。

マサ
マサ
1万以下でこのクオリティはコスパ良すぎだね!

f1.4と明るいレンズ

明るいレンズを一度使ってみるとわかりますが、ボケ感が強く、『ちゃんとしたカメラで撮った』感が凄いです。

iPhoneやAndroidのポートレート機能も素晴らしいですが、やはりデジタル処理なので、このボケおかしいやろーっ!っと突っ込みたくなる時があります。

マサ
マサ
要するに不自然ってことな

また、フルサイズより、センササイズが小さいAPS-Cは暗闇でノイズが入りやすいですが、明るいレンズを使えばISO感度を低めで撮影できるので、暗闇撮影でも綺麗に撮影することができます。

マニュアルフォーカスなので、撮ってる感が強い

マニュアルフォーカスなので、フォーカスリングを自分で回してフォーカスを合わせるのですが、これが撮ってる感が強くて気に入っています。

TTArtisan35mmf1.4は金属製で、フォーカスリングもちょっと重たく、ヌルヌルと回ってくれる感じです。

このレンズを被写体に向けて撮っていると、オートフォーカスでピシャリ!っと撮った写真よりも、より写真を撮ってる感が強くなります。

また、マニュアルフォーカスで撮影することで、表現の幅が広がるので、個人的にはとても楽しく撮影することができています。

マサ
マサ
これは個人差があると思うけどね!

ちなみに焦点距離はフルサイズの35mmですので、APS-Cモデルで利用する場合は

焦点距離はAPS-C換算で約53mmとなります。

マサ
マサ
見たままを移したい人にはいいかもね

TTArtisan35mmf1.4を買っても後悔しない人とは?

TTArtisan35mmf1.4を買っても後悔しない人は

  • 数ヶ月のうちに明るいオートフォーカス付きのレンズを買う予定が無い人
  • 素早い動きのものを撮影しない人

です。

オートフォーカス付きのレンズを買う予定が無い人

このくらいのレンズなら、意外と少し我慢すれば、買えちゃいますから。

なんせ、1万円しないと言っても、ほぼ1万円なので、オートフォーカス付きのレンズを買うときの足しにできますからね。

ちなみに自分の場合はメイン機にα7Ⅲがあり、レンズはFE4/24-105G OSSFE2.8/70-200 GM OSSを使っているので、遊び用レンズとして購入した感じです。

マサ
マサ
ゴツいカメラをいつも持ち歩くまでの気力は無いもんな

素早い動きのものを撮影しない人

マニュアルフォーカスなので、動くものを撮る時は非常に難しいです。

なので、不規則な動きをしている人やモノを撮影したい人には不向きなレンズだと思います。

特に子供などを撮影しようと思っているのであれば、オートフォーカス付きのレンズが良いかと思います。

TTArtisan35mmf1.4とFE 4/24-105 G OSSの撮り比べ

っということで、F4でTTArtisan35mmf1.4とFE 4/24-105 G OSSで撮り比べをしてみました。画角がズレているのはご了承ください。

TTArtisan35mmf1.4で撮影TTArtisan35mmf1.4で撮影
FE 4/24-105 G OSSで撮影FE 4/24-105 G OSSで撮影

ぶっちゃけ、このサイズ感だと、ほぼ変化に気づきません。

しかし、引き伸ばして、印刷などする場合(A4)以上にする場合には解像度に影響してくる感じです。

撮影比較被写体を引き伸ばした撮影比較|左TTArtisan35mmf1.4|右FE 4/24-105 G OSS

TTArtisan35mmf1.4で撮影した方が、少しぼやけてしまっています。

この少しボヤけてしまってる感がA4以上に引き伸ばして印刷する際に影響は大きいです。

マサ
マサ
単にフォーカスがうまく合わせられてない可能性もあるがな

TTArtisan35mmf1.4とα5100で撮った作例

ザクっとTTArtisan35mmf1.4で撮影したものを載せていこうとおもいます。

人物

ベイビーとママベイビーとママ
悪そうな顔をするベイビー悪そうな顔をするベイビー

食べ物

ツナパハのヌードルカレーツナパハのヌードルカレー
つけ麺の麺と具材つけ麺の麺と具材
パスタパスタ

夜の撮影

ちょっと危険を感じる送水口ちょっと危険を感じる送水口
夜の踏切夜の踏切
地下鉄出口の看板地下鉄出口の看板

まとめ

  • TTArtisan35mmf1.4の購入で悩んでいたら即買いでもOKなレベル
  • TTArtisan35mmf1.4は持ち運びに適した小型で明るいレンズ
  • 明るいオートフォーカスレンズを購入予定ならTTArtisan35mmf1.4が安いからと購入しない方が良い
  • 画像を引き伸ばして印刷しない人向け
  • 個人的には大満足な持ち運びしたくなる楽しいレンズ
ABOUT ME
マサ
自分がやりたいことはやりたいだけ全部やる!!っと意気込んでる、ちょっと変わった人( ^ω^ ) 今日もどこかで笑いながら生きています♪
あなたにおすすめの記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA