スポンサーリンク

USB-C搭載パソコンを買ったら最初に揃えておきたい周辺機器(USBハブと充電器)【Mac Book Pro 2017】



先日、MacBook買い換えました^^

今回購入したのは、Mac Book Pro 2017です。このMac BookにはUSB-Cポートしか付いていません。

そして、USB-A(慣れし親しんだ俗にいう、USB)へ変換するコネクタなんかも付属していません。(汗

自分で用意しないと、こちらは知りませんよ。っといういつも通り、強気のAPPLE製品にたじろぎながら、仕事でよく使う、USB-AとHDMIのハブと純正の充電器は重く、大きいので、軽く小さなUSB-Cの充電器を購入しました。

どちらも使い勝手がよかったので、いまから購入される方がいれば、参考にしてみてください。



USB-Cのハブ(HUB)



USB-Cは一個のHUBでいろんな外部周辺機器を接続できるようになっています。

組み合わせや種類がたくさんあるので、自分の用途に合うものを探してみると良いと思います。

全部欲しい人は給電ポート・HDMI・LANポート・USB・SDカードスロットが揃ったHUBを使うと良いと思います。

今回自分はUSB-AとHDMIが仕事上で必須なので、この2つがついたUCOUSO UC-H01Hを購入しました。

値段も手頃で、なにより、USBを上から挿せるので、スペースが横に広がらなくて、良い感じです♪

スポンサーリンク

軽いUSB-Cの充電機



今回は33Wで給電できる、USB-CとUSB-Aのポートが付いた、TUTUO USB C + Quick Charger 3.0を購入しました。

サイズがまず、純正のものより、2/3くらいのサイズになりました。

厚みもほとんど変わらないです。変わらないのにUSB-Aの充電ポートもあるので、スマホも充電しながらできるのが良い感じです!



もちろん重さも軽いです。

ただ、33Wなので、充電の速度がかなり遅いです。まぁ、出先でそんな急速充電が必要な場面は滅多にないと思うので、今回はこれでとても満足しています。

USB-Cのメリット

USB-Cは1つのポートで充電・USB-A・HDMI・カードスロット・LANコネクタなど、様々な周辺機器と接続することが可能です。

1ポートあれば、同時に複数の周辺機器を繋いで活用できますし、充電もできるという優れものです。

また、転送速度が速いので、データー交換をする時なども便利です。1m以下のケーブルを使えば、理論値は10Gbps,1GBの情報を0.9秒で転送できます!

また、従来のUSBのように、差し込む方向が決まっていないので、向きを間違えて、イラッっとすることもなくなります。

いろんなデバイスがUSB-Cに対応すれば、持ち歩くケーブルがUSB-CだけでOK!っという日も近いでしょうね♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする