MAC

Macのディスクユーティリティでパーティションが結合できない時の対処方法

MacのPCでパーティションを作成したり、結合したりすることが、ディスクユーティリティでは可能です。

しかし、そんなディスクユーティリティでパーティションの編集ができない場合があります。

マサ
マサ
なんで使えんねん!!

っとまぁ、こんな感じでディスクユーティリティがつかえない時の対処方法です。

ターミナルを利用して、パーティションを削除する

ディスクユーティリティでパーティションの結合ができない場合はターミナルを利用して、HDD/SSDを初期化前に戻します。

今回の動作OS

macOS Catalina ver. 10.15.4

対象ドライブを確認する

まずはターミナルを起動します。

diskutil list

と入力し、returnを押します。

すると、ドライブ(ディスク)の一覧が表示されます。

今回、結合したいドライブを確認して、IDENTIFIERのdisk識別を覚えておきます。

今回の場合
  • disk2s1
  • disk2s2
  • disk2s3

どのドライブかが、わからない時はNAMEの下にドライブの名前が表示されるので、そこで識別することができます。

 

対象ドライブを削除する

ここからは対象のドライブを削除していきます。

ここから先はデータが完全に削除されてしまいます。

誤って別ドライブのデータを消したりしないように十分注意してください。

これから先はあくまで自己責任で実施をお願いします。

マサ
マサ
大事なデータが消えても責任はとらねーからな。

それでは早速ドライブを削除していきましょう。

使うコマンドはこちらです。

diskutil eraseVolume free free (先ほどメモしたIDENTIFIERのdisk識別)

このコマンドを実行します。

今回の場合
  • diskutil eraseVolume free free disk2s1
  • diskutil eraseVolume free free disk2s2
  • diskutil eraseVolume free free disk2s3

を1回ずつ実行し、3つのパーティションを削除しました。

このように対象のパーティションをすべて削除します。

ディスクをフォーマットする

ここからは削除したドライブを再度フォーマットします。

まずはディスクユーティリティを開きます。

後はいつもどおり、消去からフォーマットをかけます。

これで完全にパーティションを結合することができました。

マサ
マサ
diskutilのコマンドがわからなくてちょっと迷ったわ

まとめ

  • Macのディスクユーティリティでパーティションの結合ができない場合はターミナルで初期化前に戻す。
  • パーティションは全て初期化前に戻す。
  • ディスクを初期化して利用する。

 

ABOUT ME
マサ
マサ
自分がやりたいことはやりたいだけ全部やる!!っと意気込んでる、ちょっと変わった人( ^ω^ ) 今日もどこかで笑いながら生きています♪